CALL PROCESS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


CALL PROCESS (process)

引数説明
process数値プロセス番号

説明

CALL PROCESSは、processの最前面のウィンドウに表示されたフォームを呼び出します。

重要: CALL PROCESSは、同一マシン上で実行されたプロセス間でのみ有効です。

存在しないプロセスを呼び出した場合には、何も行いません。

process (目的のプロセス) で現在フォームが表示されていない場合には何も行いません。目的のプロセスで表示されているフォームがOn Outside callイベントを受け取ります。デザインモードのフォームプロパティウィンドウにおいて、このフォームのOn Outside callイベントを必ず有効にし、フォームメソッドでこのイベントを管理する必要があります。このイベントが無効であったり、またはフォームメソッドでイベントの管理を行わない場合、何も行われません。

Note: On Outside callイベントは、受け取り側である入力フォームの入力状況を変更します。特に、フィールドが編集中である場合には、On Data changeイベントが生成されます。

呼び出し元プロセス (CALL PROCESSが実行されたプロセス) は“待機”しません。CALL PROCESSは即座に効力を持ちます。必要であれば、この目的のために使用する、(GET PROCESS VARIABLESET PROCESS VARIABLEにより) 2つのプロセス間で読み書きが可能なインタープロセス変数やプロセス変数を使用して、呼び出したプロセスからの返答を待つループを書かなければなりません。

フォームを表示しないプロセスの間で通信を行うには、GET PROCESS VARIABLEおよびSET PROCESS VARIABLEコマンドを使用してください。

CALL PROCESSにはCALL PROCESS(-1)というもう一つの構文があります。

メソッドの実行速度が遅くならないように、4Dはインタープロセス変数が変更されるたびに再描画することはしません。プロセス参照番号の代わりに-1をprocess引数に渡すと、4Dはプロセスを呼び出さず、その代わりに、同一マシン上で実行されているプロセス内のすべてのウィンドウに表示されているインタプロセス変数をすべて更新します。

例題

On Exit データベースメソッドの例題参照

参照

Form event, GET PROCESS VARIABLE, SET PROCESS VARIABLE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次