Process state

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Process state (process) 数値

引数説明
process数値プロセス番号
戻り値数値プロセスの状態

説明

Process state コマンドは、processに指定したプロセス番号を持つプロセスの状態を返します。

プロセスのステータスとしては以下のような定数があらかじめ定義されています:

定数
Aborted倍長整数-1
Delayed倍長整数1
Does not exist倍長整数-100
Executing倍長整数0
Hidden modal dialog倍長整数6
Paused倍長整数5
Waiting for input output倍長整数3
Waiting for internal flag倍長整数4
Waiting for user event倍長整数2

プロセスが存在しない場合 (つまり1からCount tasksまでの番号を渡さなかった)、Process stateDoes not exist (-100)を返します。

例題

以下の例は、各プロセスの名前とプロセス参照番号を配列asProcNameaiProcNumに入れます。このメソッドは、プロセスがアボートされたかを調べます。この場合、プロセス名とプロセス番号は配列に追加されません:

   $vlNbTasks:=Count tasks
   ARRAY STRING(31;asProcName; $vlNbTasks)
   ARRAY INTEGER(aiProcNum; $vlNbTasks)
   $vlActualCount:=0
   For ($vlProcess;1; $vlNbTasks)
      If (Process state($vlProcess)>=Executing)
         $vlActualCount:=$vlActualCount+1
         PROCESS PROPERTIES($vlProcess; asProcName{$vlActualCount};$vlState;$vlTime)
         aiProcNum{$vlActualCount}:=$vlProcess
      End if
   End for
      ` Eliminate unused extra elements
   ARRAY STRING(31;asProcName;$vlActualCount) 
   ARRAY INTEGER(aiProcNum;$vlActualCount)


参照

Count tasks, PROCESS PROPERTIES.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次