CUT NAMED SELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


CUT NAMED SELECTION ({aTable; }name)

引数説明
aTableテーブルセレクションをカットするテーブル, または
省略した場合デフォルトテーブル
name文字列作成する命名セレクションの名前

説明

CUT NAMED SELECTION は、命名セレクションnameを作成し、aTableのカレントセレクションをそこへ移します。このコマンドは、カレントセレクションをコピーするのではなく、aTableに移す点がCOPY NAMED SELECTIONコマンドと異なります。

このコマンドを実行した後、カレントプロセスのaTableのカレントセレクションは空になります。そのため、CUT NAMED SELECTIONはレコードが修正されている最中は使用しないでください。

CUT NAMED SELECTIONCOPY NAMED SELECTIONよりも効率的です。COPY NAMED SELECTIONでは選択したレコードの数x4バイトをメモリ内で複製します。CUT NAMED SELECTIONではリストの参照だけを移動します。

例題

以下のメソッドは、[Customers]テーブルのカレントセレクションを空にします:

   CUT NAMED SELECTION([Customers]; "ToBeCleared")
   CLEAR NAMED SELECTION("ToBeCleared")

参照

CLEAR NAMED SELECTION, COPY NAMED SELECTION, USE NAMED SELECTION, 識別子.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次