PROCESS PROPERTIES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.3 (Modified)


PROCESS PROPERTIES (process; procName; procState; procTime{; procVisible{; uniqueID{; origin}}})

引数説明
process数値プロセス番号
procName文字列プロセス名
procState数値プロセスの状態
procTime数値プロセスの稼働時間 (Tick)
procVisibleブールTRUE: 表示, FALSE: 非表示
uniqueID整数ユニークなプロセス番号
origin倍長整数プロセスの発生源

説明

PROCESS PROPERTIES コマンドはprocessに渡したプロセス番号を持つプロセスに関する情報を返します。

このコマンド呼出し後に:

procNameはプロセスの名前を返します。プロセス名で注意すべき点は、次のとおりです:

- プロセスがメソッド実行ダイアログボックスから (新規プロセスオプションを選択した状態で) 起動された場合、プロセスの名前は“P_”で始まりその後に数字が続きます。

- プロセス開始プロパティが選択されたカスタムメニューから起動されたプロセスの場合には、プロセスの名前は“M_”または“ML_”で始まり、その後に数字が続きます。

- プロセスがアボートしていた場合(そして、そのスロットがまだ再使用されていない場合)、プロセスの名前はそのまま返されます。プロセスがアボートしたかどうかを検出するには、procState=-1を判定します(下記の表を参照)。

procStateは、呼び出しを行った時点のプロセスの状態を返します。この引数は次の定義済定数で提供される値のいずれか1つを返します:

定数
Aborted倍長整数-1
Delayed倍長整数1
Does not exist倍長整数-100
Executing倍長整数0
Hidden modal dialog倍長整数6
Paused倍長整数5
Waiting for input output倍長整数3
Waiting for internal flag倍長整数4
Waiting for user event倍長整数2

procTimeは、プロセスが起動されてからの稼働時間をtick数 (1/60秒) で返します。

procVisibleが指定された場合には、プロセスが表示されている場合はTRUE、隠されている場合はFALSEを返します。

uniqueIDが指定された場合には、独自のプロセス番号を返します。各プロセスはプロセス番号と、セッション内でユニークなプロセス番号を持っています。ユニークプロセス番号は、2つのプロセス間または2つのプロセスセッションの間で区別することができるようにするものです。これは4Dセッションの間に開始されたプロセス番号に対応するものです。

originが指定された場合には、プロセスの発生元を表わす値を返します。4Dは下記の定数を定義しています (Process Typeテーマ内):

定数
Client Manager Process倍長整数-31
Monitor Process倍長整数-26
Internal Timer Process倍長整数-25
SQL Method Execution Process倍長整数-24
MSC Process倍長整数-22
Restore Process倍長整数-21
Log File Process倍長整数-20
Backup Process倍長整数-19
Internal 4D Server Process倍長整数-18
Method editor macro Process倍長整数-17
On Exit Process倍長整数-16
Server Interface Process 倍長整数-15
Execute on Client Process倍長整数-14
Web server Process倍長整数-13
Web Process on 4D Client倍長整数-12
Web Process with Context倍長整数-11
Other 4D Process倍長整数-10
External Task倍長整数-9
Event Manager倍長整数-8
Apple Event Manager倍長整数-7
Serial Port Manager倍長整数-6
Indexing Process倍長整数-5
Cache Manager倍長整数-4
Web Process with no Context倍長整数-3
Design Process倍長整数-2
Main Process倍長整数-1
None倍長整数0
Execute on Server Process倍長整数1
Created from Menu Command倍長整数2
Created from execution dialog倍長整数3
Other User Process倍長整数4

Note: 4Dの内部プロセスは負の値を返し、ユーザが作成したプロセスは正の値を返します。

プロセスが存在しない場合、つまり1からCount tasksまでの番号を渡さなかった場合、PROCESS PROPERTIESコマンドは変数パラメータの変更を行いません。

例題

1. 次の例は、変数vName, vState, vTimeSpentに現在のプロセスのプロセス名、プロセスステータス、プロセス時間を返します:

   C_STRING(80; vName) ` Initialize the variables
   C_INTEGER(vState)
   C_INTEGER(vTime)
   PROCESS PROPERTIES (Current process; vName; vState; vTimeSpent)

2. On Exit データベースメソッドの例題参照

参照

Count tasks, Process state.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次