RELATE ONE SELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0 (Modified)


RELATE ONE SELECTION (manyTable; oneTable)

引数説明
manyTableテーブルnテーブル (リレーションの開始元)
oneTableテーブル1テーブル (リレーションの参照先)

説明

RELATE ONE SELECTION コマンドは、manyTableのレコードセレクションをもとにして、oneTableテーブルの新しいセレクションを作成し、その新しいセレクションの最初のレコードをカレントレコードとしてロードします。

このコマンドはmanyTableからoneTableへのリレートがある場合にのみ使用できます。RELATE ONE SELECTIONはリレートの複数レベルを対象に動作できます。manyTableoneTableの間には複数のリレートテーブルがある場合があります。これらのリレートは、マニュアルリレートまたは自動リレートのどちらでも動作します。

例題

以下の例では、今日が請求書の支払期日であるすべての顧客を検索します。

以下は、[Invoices]テーブル内のレコードセレクションに基づき、[Customers]テーブルのセレクションを作成します:

   CREATE EMPTY SET([Customers];"Payment Due")
   QUERY([Invoices];[Invoices]DueDate = Current date)
   While(Not(End selection([Invoices])))
      RELATE ONE ([Invoices]CustID)
      ADD TO SET([Customers];"Payment Due")
      NEXT RECORD([Invoices])
   End while

以下の手法ではRELATE ONE SELECTIONを使用して同じ結果を得ています:

   QUERY([Invoices];[Invoices]DueDate = Current date)
   RELATE ONE SELECTION([Invoices];[Customers])

参照

QUERY, RELATE MANY SELECTION, RELATE ONE, セット.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次