Read only state

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 3


Read only state {(table)} ブール

引数説明
tableテーブル読み込みのみ状態を調べるテーブル, または
省略時はデフォルトテーブル
戻り値ブールTRUE: テーブルへのアクセスは読み込みのみ
FALSE: テーブルへのアクセスは読み書き可

説明

この関数は、関数が呼び出されるプロセス内のtableの状態が読み込み専用かどうかを調べます。tableが読み込み専用であれば、TRUEを返します。tableが読み書き可であれば、FALSEを返します。

例題

以下の例は[Invoice]テーブルの状態を判断するものです。[Invoice]テーブルの状態が読み込み専用であれば、読み書き可に設定し、カレントレコードを再度ロードします。

   If (Read only state([Invoice])) 
      READ WRITE([Invoice]) 
      LOAD RECORD([Invoice]) 
   End if

Note: ユーザがレコードを修正できるようにするために、請求書レコードを再ロードします。すでに読み込み専用でロードされたレコードは、書き込み可能状態で再ロードされるまで、変更不可のままです。

参照

READ ONLY, READ WRITE, レコードのロック.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次