SET PLATFORM INTERFACE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)

互換性に関するメモCompatibility Note

このコマンドは、互換性に関する理由により維持されています。新しいデータベース (バージョン2004以降の4Dで作成された) では、プラットフォームインタフェースは、プログラムによって自動的に管理され、コマンドには機能がありません。変換されたデータベースでは、このコマンドは今でも使用できますが、環境設定ダイアログボックス ("システム" オプション) で、新しいインタフェース管理機能を起動することをお勧めします。


SET PLATFORM INTERFACE (interface)

引数説明
interface数値新しいプラットフォームインタフェース設定
-1  自動
0  Mac OS 7
1  Windows 3.11、 NT 3.51
2  Windows 9x
3  Mac OS 9
4  Mac Theme

説明

SET PLATFORM INTERFACE コマンドを使用して、フォームを表示する際に使用するプラットフォームインタフェースを設定します。

以下のあらかじめ定義されている定数の1つを interface に渡します。

定数
Automatic Platform倍長整数-1
Mac OS 7倍長整数0
Windows 3.11, NT 3.51倍長整数1
Windows 9x倍長整数2
Mac OS 9倍長整数3
Mac Theme倍長整数4

Note: 定数 Mac Theme を用いて、Appearance Managerで定義されたユーザインタフェースを使用することができます。このマネージャーはMac OS上のみに存在します。“Mac Theme” インタフェースによって定義されたデータベースがWindows上で表示されている際は、“Windows 9x” インターフェースが適用されます。

渡した値が現在のプラットフォームインタフェースを変更しなければ、コマンドは何もしません。

Note: プラットフォームインタフェースは、環境設定ダイアログボックスでも変更可能です。

例題

4Dクライアント/サーバアーキテクチャでは、Macintosh と Windowsのステーションは同時に異なるプラットフォームインタフェースを使用することができます。 これを実行するには、On Startup Database MethodSET PLATFORM INTERFACE コマンドを呼び出します。

      `この例題では、ユーザの環境設定は [Preferences] ーブルに納められいます。
      `カレントユーザに対応するレコードを探します。
   QUERY([Preferences];[Preferences]User name=Current User)
   If (Records in selection([Preferences])=0)
         `見つからない場合、デフォルトの設定を探します。
      QUERY([Preferences];[Preferences]User name="Default")
   End if
      `ユーザの環境設定に対応するプラットフォームインタフェースを設定します。
   SET PLATFORM INTERFACE ([Preferences]Platform Interface)

参照

Get platform interface.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次