SET DEFAULT CENTURY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.7 (Modified)


SET DEFAULT CENTURY (century{; pivotYear})

引数説明
century数値2桁の年数が入力された場合の
デフォルト世紀 (マイナス1)
pivotYear数値2桁の年で日付が入力された時の区切り年

説明

SET DEFAULT CENTURY コマンドは、2桁の年で日付を入力した際に4Dが使用する、デフォルトの世紀と区切り年を指定するために使用します。

区切り年の値は、2桁の年が入力された際に、4Dがどのように日付を解釈するかを定義します:

・年が区切り年以上の場合、4Dはデフォルト世紀を使用します。

・年が区切り年未満の場合、4Dは次の世紀を使用します。

デフォルトで、4Dは世紀が20世紀であるとし、区切り年に30を使用します。例えば:

・97/01/25 は1997年1月25日を意味します。

・30/01/25 は1930年1月25日を意味します。

・29/01/25 は2029年1月25日を意味します。

・07/01/25 は2007年1月25日を意味します。

デフォルトを変更するには、SET DEFAULT CENTURY コマンドを実行します。コマンドは即座に効果を持ちます。新しいデフォルト世紀のみ、または新しいデフォルト世紀と区切り年を渡すことができます。

新しいデフォルト世紀マイナス1をcenturyに渡すと、4Dは2桁で入力された日付がこの世紀に属するものとして解釈します。

例えば:

   SET DEFAULT CENTURY(20) ` 21世紀をデフォルト世紀とする

・97/01/25 は2097年1月25日を意味します。

・07/01/25 は2007年1月25日を意味します。

さらに、オプションでpivotYear 引数を指定できます。

例えば、以下のように呼び出すと、区切り年は1995になります:

      SET DEFAULT CENTURY(19;95) ` 年が95未満の場合のデフォルト世紀を21世紀とする

・97/01/25 は1997年1月25日を意味します。

・07/01/25 は2007年1月25日を意味します。

Note: このコマンドは、2桁の年で日付が入力された際の4Dの日付の解釈にのみ影響します。

以下のようなケースでは:

・1997/01/25 は1997年1月25日を意味します。

・2097/01/25 は2097年1月25日を意味します。

・1907/01/25 は1907年1月25日を意味します。

・2007/01/25 は2007年1月25日を意味します。

このコマンドはデータ入力にのみ影響します。日付の格納や計算には影響しません。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次