TRIGGER PROPERTIES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


TRIGGER PROPERTIES (triggerLevel; dbEvent; tableNum; recordNum)

引数説明
triggerLevel数値トリガ実行サイクルレベル
dbEvent数値データベースイベント
tableNum数値影響を受けるテーブル番号
recordNum数値影響を受けるレコード番号

説明

TRIGGER PROPERTIESコマンドは、triggerLevelに渡すトリガの実行レベルに関する情報を返します。トリガ実行レベルのカスケードに基づいて異なる動作を実行するには、TRIGGER PROPERTIESTrigger level を組み合わせて使用します。詳細については、トリガの節にあるトリガのカスケードを参照してください。

存在しないトリガ実行レベルを渡すと、コマンドはすべての引数に0を返します。

トリガ実行レベルのデータベースイベントの種類が、引数 dbEvent に返されます。データベースには、以下のようなあらかじめ定義された定数があります。

定数
On Saving New Record Event倍長整数1
On Saving Existing Record Event倍長整数2
On Deleting Record Event倍長整数3

トリガ実行レベルのデータベースイベントに関係するレコードのテーブル番号とレコード番号が、引数 tableNumrecordNum に返されます。

参照

Database event, Trigger level, トリガ, レコード番号について.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次