INSERT MENU ITEM

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.4 (Modified)


INSERT MENU ITEM (menu; afterItem; itemText{; subMenu{; process{; *}}})

引数説明
menu数値 | MenuRefメニュー番号またはメニュー参照
afterItem数値メニュー項目番号
itemText文字列挿入するメニュー項目のテキスト
subMenuMenuRef項目に割り当てるサブメニュの参照
process数値プロセス参照番号
**指定時: メタ文字を標準文字として扱う

説明

INSERT MENU ITEMコマンドは、menuに渡されたメニュー番号または参照を持つメニューにおいて、afterItemに渡された番号の既存のメニュー項目の後ろに、新しいメニュー項目を挿入します。

process引数を省略すると、INSERT MENU ITEMコマンドはカレントプロセスのメニューバーに適用されます。そうでなければ、processに渡されたプロセス参照番号のプロセスのメニューに適用されます。

Note: menuMenuRefを渡した場合、process引数は意味を持たず、無視されます。

* 引数を渡さない場合、INSERT MENU ITEMは一度の呼び出しで1つまたは複数のメニュー項目の挿入ができます。

INSERT MENU ITEMは、メニュー中の任意の場所に項目を挿入できるという点を除いて、APPEND MENU ITEMのように動作します。APPEND MENU ITEMは常にメニューの最後に項目を追加します。

itemTextに渡す項目や* 引数の動作の定義については、APPEND MENU ITEMコマンドの説明を参照してください。

オプションのsubMenu 引数を使用して、階層サブメニューとして追加するメニューを指定できます。Create menu コマンド等を使用して作成されたメニュー参照 (MenuRef 型文字列) を渡さなければなりません。コマンドが2つ以上のメニュー項目を追加する場合、サブメニューは最初の項目に追加されます。

重要: 新しいメニュー項目には、メソッドやアクションが割り当てられていません。これらをSET MENU ITEM PROPERTYSET MENU ITEM METHODコマンドを使用して項目に割り当てるか、Menu selectedコマンドを使ってフォームメソッドからこれを管理しなくてはなりません。

例題

以下の例題は2つのコマンドからなるメニューを作成し、メソッドを割り当てます:

   menuRef:=Create menu
   APPEND MENU ITEM(menuRef;"Characters")
   SET MENU ITEM METHOD(menuRef;1;"CharMgmtDial")
   INSERT MENU ITEM(menuRef;1;"Paragraphs")
   SET MENU ITEM METHOD(menuRef;2;"ParaMgmtDial")

参照

APPEND MENU ITEM, SET MENU ITEM PARAMETER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次