WINDOW LIST

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


WINDOW LIST (windows{; *})

引数説明
windows配列ウィンドウ参照番号の配列
**指定時, フローティングウィンドウも含める
省略時, フローティングウィンドウを含めない

説明

WINDOW LIST コマンドは配列 windows を生成し、実行中のすべての (カーネルおよびユーザ) プロセスで開かれているウィンドウの参照番号を返します。

オプションの * 引数を渡さない場合、フローティングウィンドウは含められません。

例題

以下のプロジェクトメソッドは、(フローティングとダイアリグボックスを除く) すべての開かれているウィンドウをタイル表示します:

      ` TILE WINDOWS project method

   WINDOW LIST($alWnd)
   $vlLeft:=10
   $vlTop:=80 ` ツールバーのスペースを確保
   For ($vlWnd;1;Size of array($alWnd))
      If (Window kind($alWnd{$vlWnd}) # Modal Dialog)
         GET WINDOW RECT($vlWL;$vlWT;$vlWR;$vlWB;$alWnd{$vlWnd})
         $vlWR:=$vlLeft+($vlWR-$vlWL)
         $vlWB:=$vlTop+($vlWB-$vlWT)
         $vlWL:=$vlLeft
         $vlWT:=$vlTop
         SET WINDOW RECT($vlWL;$vlWT;$vlWR;$vlWB;$alWnd{$vlWnd})
         $vlLeft:=$vlLeft+10
         $vlTop:=$vlTop+25
      End if
   End for

Note: このメソッドにメインウィンドウ (Windows) やスクリーン (Mac OS) のテストを組み込むとより洗練されたものとなります。

参照

Window kind, Window process.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次