Milliseconds

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


Milliseconds 倍長整数

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値倍長整数マシンが起動されてからの
経過ミリ秒数

説明

Milliseconds は、マシンが起動されてから経過したミリ秒 (1/1000秒) 数を返します。

例題

以下のコードは1分のクロノメータを表示します:

   Open window (100;100;300;200;0;"Chronometer")
   $vhTimeStart:=Current time
   $vlTicksStart:=Tickcount
   $vrMillisecondsStart:=Milliseconds
   Repeat 
      GOTO XY (2;1)
      MESSAGE ("時間...........:"+String (Current time -$vhTimeStart))
      GOTO XY (2;3)
      MESSAGE ("Tick..........:"+String (Tickcount -$vlTicksStart))
      GOTO XY (2;5)
      MESSAGE ("ミリ秒...:"+String (Milliseconds -$vrMillisecondsStart))
   Until ((Current time -$vhTimeStart)>=?00:01:00?)
   CLOSE WINDOW

参照

Current time, Tickcount.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次