POST KEY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


POST KEY (code{; modifiers{; process}})

引数説明
code数値文字コードまたはファンクションキーコード
modifiers数値モディファイアキーのステータス
process数値送信先のプロセス参照番号、
省略または0の場合、アプリケーションイベントキュー

説明

POST KEY コマンドはキーストロークをシミュレートします。これは、ユーザが実際にキーボード上で文字を入力した場合と同様の結果を生じます。

引数 code には、その文字のコードを渡します。

引数 modifiers を渡す場合は、イベント (モディファイア) 定数の1つまたは組み合わせを渡します。例えば、Shiftキーをシミュレートするには、 Shift key mask を渡します。引数 modifiers を渡さなかった場合は、モディファイアはシミュレートされません。

引数 process を指定すると、 キーストロークは、process に渡したプロセス番号を持つプロセスへと送られます。 0 (ゼロ) を渡したり、この引数を省略すると、キーストロークはアプリケーションレベルに送られます。そして、4Dスケジューラーはそれを適切なプロセスにディスパッチします。

例題

Process number コマンドの例題を参照してください。

参照

POST CLICK, POST EVENT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次