Test path name

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


Test path name (pathname) 数値

引数説明
pathname文字列ディレクトリ、フォルダまたはドキュメントへのパス名
戻り値数値1=パス名は既存のドキュメントを表す
0=パス名は既存のディレクトリまたはフォルダを表す
<0=無効のパス名、OSファイルマネージャエラーコード

説明

Test path name関数は、引数pathnameに渡された名前またはパス名を持つドキュメントまたはフォルダが、ディスク上に存在するかどうかをチェックします。相対的なパス名または絶対的なパス名のいずれかをカレントシステムのシンタックスで表して渡します。

ドキュメントが見つかればTest path name 関数は1を返します。フォルダが見つかればTest path name 関数は0を返します。

4Dには、以下のようなあらかじめ定義された定数があります。

定数タイプ
Is a document倍長整数1
Is a directory倍長整数0

ドキュメントもフォルダも見つからない場合、Test path name関数は負の値を返します。(ファイルが見つからない場合には-43になります) 。

例題

以下の例では、“Journal” というドキュメントがデータベースのフォルダにあるかどうかをテストし、見つからない場合にはこれを作成します。

   If (Test path name("Journal") # Is a document)
      $vhDocRef:=Create document("Journal")
      If (OK=1)
         CLOSE DOCUMENT($vhDocRef)
      End if 
   End if 

参照

Create document, CREATE FOLDER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次