Application file

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


Application file 文字列

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値文字列4D実行形式のファイルまたはアプリケーションのパス名

説明

Application file関数は、現在使用している4D実行形式のファイルまたはアプリケーションのパス名を返します。

Windows

例えば、ボリュームE上の\PROGRAMS\4Dに配置された4Dを使用している場合、この関数は、E:\PROGRAMS\4D\4D.EXEを返します。

Macintosh

例えば、Macintosh HDディスク上のProgramsフォルダの中にある4Dを使用している場合、この関数は、Macintosh HD:Programs:4D.appを返します。

例題

Windows上で、4Dの起動時に、DLLライブラリが4D実行形式のファイルと同じ階層に配置されているかどうかをチェックする必要があるとします。On Startupデータベースメソッドに次のコードを記述します:

   If (On Windows & (Application type#4D Server))
      If (Test path name (Long name to path name (Application file)+"XRAYCAPT.DLL")#Is a document)
         ` XRAYCAPT.DLLがない旨の警告を表示する
         ` つまりX-ray capture 機能は使用できません
      End if
   End if

Note: プロジェクトメソッドOn WindowsLong name to path nameは、システムドキュメントの節で説明しています。


参照

Data file, DATA SEGMENT LIST, Structure file.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次