Application version

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


Application version {(*)} 文字列

引数タイプ説明
**指定した場合、ロングバージョン番号
指定しなかった場合、ショートバージョン番号
戻り値文字列バージョン番号のエンコードされた文字列

説明

Application version 関数は、現在使用している4D環境のバージョン番号を表すエンコードされた文字列を返します。

引数オプション*を指定しない場合、以下のようにフォーマットされた4文字の文字列を返します。

文字位置説明
1-2バージョン番号
3アップデート番号
4リビジョン番号

例:文字列“0600”は、“version 6.0.0.”を表します。

引数オプション*を指定した場合、以下のようにフォーマットされた8文字の文字列を返します。

文字位置説明
1"F" は最終バージョン
"B" はベータバージョン
それ以外の文字は、4Dの内部バージョンを意味する
2-3-44Dの内部コンパイル番号
5-6バージョン番号
7アップデート番号
8リビジョン番号

例:文字列"B0120602”は、“version 6.0.2.Beta 12”を表します。

1. 次の例は、4D環境のバージョン番号を表示します。

   $vs4Dversion:=Application version 
   ALERT ("使用しいるバージョンは "+String (Num (Substring ($vs4Dversion;1;2)))+"."+
      $vs4Dversion[[3]]+"."+$vs4Dversion[[4]])

2. 以下の例は、最終版の4Dを使用しているかどうかを検査します。

   If (Substring (Application version (*);1;1)#"F")
      ALERT ("製品版の4Dおよびデータベースを使用しいるかを確認しください。")
      QUIT 4D 
   End if 

参照

Application type, Version type.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次