RESOURCE LIST

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


RESOURCE LIST (resType; resIDs; resNames{; resFile})

引数説明
resType文字列4文字のリソースタイプ
resIDs倍長整数配列リソースID番号
resNames文字列配列リソース名
resFileDocRefリソースファイル参照番号、または
省略時、開かれている全てのリソースファイル

説明

RESOURCE LIST コマンドは、resTypeに渡したタイプのリソースIDとリソース名から、resIDsresNamesの配列を作成します。

重要: resTypeには4文字を受渡す必要があります。.

オプション引数resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、そのファイルのリソースのみが返されます。resFileを省略した場合、現在開いているリソースファイルのすべてのリソースがリストされます。

RESOURCE LISTを呼び出す前に配列を事前定義する場合は、resIDsを倍長整数配列に、resNamesを文字列またはテキスト配列として定義します。配列の事前定義を行わない場合、このコマンドはresIDsを倍長整数配列、resNamesをテキスト配列として作成します。

このコマンドの実行後、Size of arrayresIDsまたはresNamesの配列に対して適用し、見つかったリソースの数を調べることができます。

例題

1. 以下の例は、配列$alResID$atResNameにデータベースのストラクチャファイル内に存在するストリングリストリソースのIDと名前を返します:

   If (On Windows)
      $vhStructureResFile:=Open resource file(Replace string(Structure file;".4DB";".RSR"))
   Else
      $vhStructureResFile:=Open resource file(Structure file)
   End if
   If (OK=1)
      RESOURCE LIST("STR#";$alResID;$atResName;$vhStructureResFile)
   End if

2. 以下の例は、現在開かれているリソースファイル内にあるピクチャリソースをデータベースのピクチャライブラリの中にコピーします:

   RESOURCE LIST("PICT";$alResID;$atResName)
   Open window(50;50;550;120;5;"Copying PICT resources...")
   For ($vlElem;1;Size of array($alResID))
      GET PICTURE RESOURCE($alResID{$vlElem};$vgPicture)
      If (OK=1)
         $vsName:=$atResName{$vlElem}
         If ($vsName="")
            $vsName:="PICT resID="+String($alResID{$vlElem})
         End if 
         ERASE WINDOW
         GOTO XY(2;1)
         MESSAGE("Adding picture “"+$vsName+"” to the DB picture library.")
         SET PICTURE TO LIBRARY($vgPicture;$alResID{$vlElem};$vsName)
      End if 
   End for 
   CLOSE WINDOW

参照

RESOURCE TYPE LIST.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次