DELETE RESOURCE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


DELETE RESOURCE (resType; resID{; resFile})

引数説明
resType文字列4文字のリソースタイプ
resID数値リソースID番号
resFileDocRefリソースファイル参照番号、または
省略時、カレントリソースファイル

説明

DELETE RESOURCE コマンドはタイプがresTypeかつIDがresIDのリソースを削除します。

resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、そのリソースはそのリソースファイル内でのみ検索されます。resFileを省略した場合は、現在開かれているリソースファイル内で検索されます。

リソースが存在しない場合、DELETE RESOURCEは何も行わずに、システム変数OKに0が設定されます。リソースが見つかって削除された場合は、システム変数OKに1が設定されます。

警告: 4Dまたはシステムファイルのリソースを削除してはいけません。削除すると、予期しないシステムエラーを引き起こす原因になります。

例題

1. 以下の例は、リソース"STR# ID=20000を削除します:

      ` この例は、現在開かれいる全のリソースファイルから"STR#" ID=20000
      ` リソースを探し、最初に見つかったリソースを削除することに注目しください:
   DELETE RESOURCE ("STR#";20000)

2. 以下の例は、指定されたリソースファイル中のリソース"STR#ID=20000を削除します:

      ` この例では、$vhResFileで指定されたリソースファイル中で
      ` "STR#" ID=20000を探し削除することに注目しください:
   DELETE RESOURCE ("STR#";20000;$vhResFile)
      ` $vhResFile”によっ指定された以外の現在開かれいる
      ` リソースファイルの中にこのリソースがある場合は、その
      ` リソースは削除されない点に注目しください

3. The project method DELETE RESOURCES OF 型 deletes all the resources of the 型 specified (as the second 引数) from the resource file specified (as the first 引数):

      ` DELETE RESOURCES OF 型 Project Method
      ` DELETE RESOURCES OF 型 ( 時間 ; 文字列 )
      ` DELETE RESOURCES OF 型 ( resFile ; resType )
   
   C_TIME($1)
   C_STRING(4;$2)

   RESOURCE LIST($2;$aiResID;$asResName;$1)
   If(OK=1)
      For($vlElem;1;Size of 配列($aiResID))
         DELETE RESOURCE($2;$aiResID{$vlElem};$1)
      End for
   End if

After this project method is present in a database, you can write:

      ` Delete all the resource of 型 "PREF" from the resource file $vhResFile
   DELETE RESOURCES OF 型 ($vhResFile;"PREF")

4. The project method DELETE RESOURCE BY NAME deletes a resource (of a specific 型) whose name is known:

      ` DELETE RESOURCE BY NAME Project Method
      ` DELETE RESOURCE BY NAME ( 時間 ; 文字列 ; 文字列 )
      ` DELETE RESOURCE BY NAME ( resFile ; resType ; resName )
   
   C_TIME($1)
   C_STRING(4;$2)
   C_STRING(255;$3)

   RESOURCE LIST($2;$aiResID;$asResName;$1)
   If(OK=1)
      $vlElem:=Find in 配列($asResName;$3)
      If($vlElem>0)
         DELETE RESOURCE($2;$aiResID{$vlElem};$1)
      End for
   End if

After this project method is present in a database, you can write:

      ` Delete, from the resource file $vhResFile, the resource "PREF" whose name is “Standard Settings”:
   DELETE RESOURCE BY NAME ($vhResFile;"PREF";"Standard Settings")

参照

RESOURCE LIST, SET RESOURCE PROPERTIES.

System Variables and Sets

The OK variable is set to 0 if the resource does not exist. If the resource has been deleted, the OK variable is set to 1.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次