GET RESOURCE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


GET RESOURCE (resType; resID; resData{; resFile})

引数説明
resType文字列4文字のリソースタイプ
resID数値リソースID番号
resDataBLOBデータを受け取るBLOBフィールドまたは変数
リソースの内容
resFileDocRefリソースファイル参照番号、または
省略時、開かれている全てのリソースファイル

説明

GET RESOURCE コマンドは、resTyperesIDに渡されるタイプとIDを持つリソースの内容を、BLOBフィールドまたはBLOB変数のresDataに返します。

重要: resTypeには4文字を渡す必要があります。.

リソースが見つからなかった場合、resDataはそのまま変わらず、システム変数OKに0が設定されます。

resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、リソースはそのリソースファイル内でのみ検索されます。resFileを省略した場合、リソースチェーン内で最初に見つかったリソースのオカレンスが返されます。

Note: リソースは、数メガバイトのサイズになる可能性があります。

プラットフォーム独立性: Mac OSベースのリソースに対して作業していることを忘れないでください。プラットフォームが何であろうと、倍長整数のような内部リソースデータはMacintoshバイトオーダーで格納されます。Windows上では、(ストリングリストリソースおよびピクチャリソース等の) 標準リソースデータは必要に応じて自動的にバイトスワップされます。これに対して、カスタム内部データストラクチャを作成および使用する場合は、BLOBから取り出すデータのバイトスワップは開発者に任されています (BLOB to longintコマンドにMacintosh byte ordering定数を渡すなど)。

例題

SET RESOURCEコマンドの例題参照

参照

BLOB コマンド, SET RESOURCE, リソース.

システム変数とセット

リソースが見つかった場合OKに1が設定されます。それ以外は0が設定されます。

エラー処理

リソースをロードするための十分なメモリがない場合、エラーが生成されます。ON ERR CALLを使ってインストールされたエラー処理メソッドでこのエラーを受け取ることができます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次