STRING LIST TO ARRAY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


STRING LIST TO ARRAY (resID; strings{; resFile})

引数説明
resID数値リソースID番号、または
'group'要素の'id'属性 (XLIFF)
strings文字列配列STR#リソースから取り出した文字列、または
'group'要素から取り出した文字列 (XLIFF)
resFileDocRefリソースファイル参照番号、または
省略時、開かれているすべてのXLIFFファイル
リソースファイル

説明

STRING LIST TO ARRAY コマンドは以下の要素から構築されるstrings配列を生成します:

・ストリングリスト (“STR#”) リソースに格納された、IDがresIDの文字列、または

・開かれたXLIFFファイル中、'group'要素の'id'属性がresIDである文字列 (後述の"XLIFFアーキテクチャとの互換性"を参照)。

リソースが見つからない場合strings配列はそのまま変更されず、システム変数OKに0が設定されます。

resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、そのリソースはそのリソースファイル内でのみ検索されます。resFileを省略した場合は、リソースチェーン内で最初に見つかったリソースのオカレンスが返されます。

STRING LIST TO ARRAYを呼び出す前に、配列stringsを文字列またはテキスト配列として宣言できます。配列を事前に定義しない場合、テキスト配列として作成されます。

Note: ストリングリストリソースの各ストリングは、最大255文字を格納できます。

Tip: ストリングリストの総サイズを32Kに、また1リソースあたり数百文字列に制限しなければなりません。

XLIFFアーキテクチャとの互換性

4D v11より、STRING LIST TO ARRAY コマンドはXLIFFアーキテクチャと互換があります。コマンドはまずresIDstrIDに対応するリソースをすべての開かれたXLIFFファイル内で探します (resFile 引数が省略されていれば)。この場合、resIDgroup要素のid属性を表し、strIDtrans-unit要素のid属性を表します。値が見つからない場合、コマンドは引き続き開かれたリソースファイルを検索します。4DにおけるXLIFFアーキテクチャに関する詳細は4D Design Referenceマニュアルを参照してください。

例題

ARRAY TO STRING LISTの例題参照

参照

ARRAY TO STRING LIST, Get indexed string, Get string resource, Get text resource.

システム変数とセット

リソースが見つかった場合OKに1が設定されます。それ以外は0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次