ARRAY TO STRING LIST

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


ARRAY TO STRING LIST (strings; resID{; resFile})

引数説明
strings文字列配列文字列またはテキスト配列
(新しいSTR#リソースの内容)
resID数値リソースID番号
resFileDocRefリソースファイル参照番号, または
省略時、現在のリソースファイル

説明

ARRAY TO STRING LIST コマンドは、引数resIDに渡されるIDを持つストリングリスト ("STR#") リソースを作成または上書きします。strings配列に渡した文字列をもとにリソース内容が作成されます。この配列には文字列配列またはテキスト配列を指定できます。

リソースが追加されなかった場合は、システム変数OKに0が設定されます。

resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、そのリソースはそのリソースファイルに追加されます。resFileを省略した場合、リソースはリソースチェーンの最上位にあるファイル (最後に開いたリソースファイル) に追加されます。

Note: ストリングリストリソースの各文字列は、最大255文字を格納できます。

Tip: ストリングリストリソースは、合計で32Kまで使用できます。1リソース当たり最大数百個程度のストリングにします。

例題

あなたのデータベースでは、所定のフォントセットを使用しているものとします。

On Exit データベースメソッドに、以下を記述します:

      ` On Exit データベースメソッド
   If (<>vbFontsAreOK)
      FONT LIST($atFont)
      $vhResFile:=Open resource file("FontSet")
      If (OK=1)
         ARRAY TO ATRING LIST($atFont;15000;$vhResFile)
         CLOSE RESOURCE FILE($vhResFile)
      End if
   End if

On Startup データベースメソッドに以下を記述します:

      ` On Startup データベースメソッド
   <>vbFontsAreOK:=False
   FONT LIST($atNewFont)
   If (Test path name("FontSet")#Is a document)
      $vhResFile:=Create resource file("FontSet")
   Else
      $vhResFile:=Open resource file("FontSet")
   End if
   If (OK=1)
      STRING LIST TO ARRAY(15000;$atOldFont;$vhResFile)
      If (OK=1)
         ?vbFontsAreOK:=True
         For($vlElem;1;Size of array($atNewFont))
            If ($atNewFont{$vlElem}#$atOldFont{$vlElem}))
               $vlElem:=MAXLONG
               <>vbFontsAreOK:=False
            End if
         End for
      Else
         <>vbFontsAreOK:=True
      End if
      CLOSE RESOURCE FILE($vhResFile)
   End if
   If(Not(<>vbFontsAreOK))
      CONFIRM("同じフォントセットが使用されいませんが、続行しますか?")
      If(OK=1)
         <>vbFontsAreOK:=True
      Else
         QUIT 4D
      End if
   End if

参照

SET STRING RESOURCE, SET TEXT RESOURCE, STRING LIST TO ARRAY.

システム変数とセット

リソースが上書きされた場合は、システム変数OKに1が設定されます。それ以外は0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次