GET ICON RESOURCE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


GET ICON RESOURCE (resID; resData{; fileRef})

引数説明
resID数値アイコンリソースID番号
resDataピクチャピクチャを受け取るピクチャフィールドまたは変数
cicnリソースの内容
fileRef数値リソースファイル参照番号、または
省略時、開かれている全てのリソースファイル

説明

GET ICON RESOURCE コマンドは、resIDに渡されるIDを持つカラーアイコン ("cicn") リソースに格納されているアイコンをresDataのピクチャフィールドまたはピクチャ変数に返します。

リソースが見つからなかった場合、resDataは変更されず、システム変数OKに0が設定されます。

resFileに有効なリソースファイル参照番号を渡すと、そのリソースはそのリソースファイル内でのみ検索されます。resFileを省略した場合、リソースチェーン内で最初に見つかったリソースが返されます。

例題

以下の例は、稼働している4Dアプリケーション内に登録されているカラーアイコンをピクチャ配列にロードします:

   If (On Windows)
      $vh4DResFile:=Open resource file(Replace string(Application file;".EXE";".RSR"))
   Else
      $vh4DResFile:=Open resource file(Application file)
   End if
   RESOURCE LIST("cicn";$alResID;$asResName;$vh4DResFile)
   $vlNbIcons:=Size of array($alResID)
   ARRAY PICTURE(ag4DIcon;$vlNbIcons)
   For ($vlElem;1;$vlNbIcons)
      GET ICON RESOURCE($alResID{$vlElem};ag4DIcon{$vlElem};$vh4DResFile)
   End for 

このコード実行後、配列はフォーム上で以下のように表示されます:

参照

GET PICTURE RESOURCE.

システム変数とセット

リソースが見つかった場合システム変数OKに1が設定されます。それ以外は0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次