ISO to Mac

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


ISO to Mac (text) 文字列

引数説明
text文字列標準的なWeb文字セットで表されたテキスト
戻り値文字列Mac OS ASCIIマップで表されたテキスト

互換性に関するメモ: データベースがASCII互換モードで実行された場合のみ、このコマンドは機能します。Unicodeモードでは、コマンドは何もしません(textの文字列は修正なしで返されます) 。その為、4Dのバージョン11以降、このコマンドはあまり用いられていませんので、その使用はもはやお勧めできません。CONVERT FROM TEXTコマンド、またはConvert to textコマンドを用いて文字列を変換することをお勧めします。

説明

ISO to Macコマンドは、ISO Latin-1文字マップを使用して表されたtextと同等のテキストをMacintosh ASCIIマップを使用して表して返します。

通常、このコマンドを使用する必要はありません。

このコマンドには、ISO Latin-1文字マップを使用して表したテキスト引数が必要です。

4Dは、Webブラウザとの間で送受信する文字を変換します。その結果、操作するテキスト値は、Web接続プロセスの内部では、常にMacintosh ASCIIマップを使用して表されます。

通常、Windows上で実行している場合には、ASCIIコードを変換する必要はありません。ASCII互換モードで(非Unicode)、4DとWindowsの間でテキストをコピーする、または貼り付けたりする場合や、データを読み込む、または書き出す場合には、4Dは自動的にこのような変換を実行します。ただし、SEND PACKETコマンドやRECEIVE PACKETコマンド等の、ディスクの読み取りコマンドや書き込みコマンドを使用する場合には、4DはASCII変換を実行しません。

4D内では、まだ別のASCIIマップに変換していないすべてのテキスト値、フィールド、または変数はMacintosh上およびWindows上の双方ともにMac OSエンコードです。詳細については、付録のASCII コードの 節を参照してください。

Windowsでは、この場合には、出力フィルタASCIIマップを使用して文字をフィルタしないでおく必要があります。

したがって、プラットフォームが何であっても、RECEIVE PACKETコマンドを使用してディスクからISO Latin-1によるHTMLドキュメントを読み取りしたい場合には、ISO to Macを使用して対象となるテキストを変換するだけですみます。これが、ISO to Macコマンドの主要な目的です

例題

以下のコードの行では、vtSomeTextに格納されている(仮想の)ISO Latin-1でコード化されたテキストを、Macintoshでコード化されたテキストに変換しています。

   RECEIVE PACKET ($vhDocRef;vtSomeText;16*1024) `ISO Latin-1 HTMLドキュメントをキストから読み取る
   vtSomeText:=ISO to Mac(vtSomeText)

参照

ASCII コード, Mac to ISO, RECEIVE PACKET, USE CHARACTER SET.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次