DOCUMENT TO BLOB

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


DOCUMENT TO BLOB (document; blob{; *})

引数説明
document文字列ドキュメント名
blobBLOBドキュメントを受け取るBLOBフィールドまたは変数
ドキュメントの内容
**Macintoshのみ:
* が渡されればリソースフォークをロード
そうでなければデータフォークをロード

説明

DOCUMENT TO BLOB は、documentの内容全体をblobにロードします。開かれていない既存のドキュメントを渡さなければなりません。そうでなければエラーが生成されます。ドキュメントをユーザが選択できるようにするには、Open documentおよびプロセス変数documentを使用します(例を参照)。

Macintoshでの注意点:

- Macintoshのドキュメントファイルは、データフォークおよびリソースフォークの2つから構成されていることがあります。デフォルトで、DOCUMENT TO BLOBコマンドはドキュメントファイルのデータフォークを読み込みます。リソースフォークを読み込むには、オプション引数 * を渡します。Windowsでは、オプション引数 * は無視されます。

4D環境はWindows上でMac OS リソースフォークと同様のものを提供していることに留意してください。例えば、4Dデータベースのデータフォークは拡張子.4DBのファイルに格納され、リソースフォークは同じ名前の拡張子.RSRのファイルに格納されます。Windowsでは、BLOBに格納されるデータフォークやリソースフォークを扱うには、フォークに対応するファイルにアクセスします。

例題

以下の例は、ドキュメントファイルをすばやく格納、または取得できるような情報システムを記述する場合を想定します。データ入力フォームで、ドキュメントファイルをBLOBフィールドにロードできるようなボタンを作成します。このボタンに以下のようなメソッドを作成します:

   $vhDocRef:=Open document("")  ` ドキュメントを選択させる
   If (OK=1)  ` ドキュメントが選択されたら
      CLOSE DOCUMENT($vhDocRef)  ` それを閉じる
      DOCUMENT TO BLOB (Document;[YourTable]YourBLOBField)  ` ドキュメントをロード
      If (OK=0)
         ` エラー処理
      End if
   End if

参照

BLOB TO DOCUMENT, Open document.

システム変数

ドキュメントが正しくロードされればOKに1が、そうでなければ0が設定され、エラーが生成されますます。

エラー処理

・存在しないドキュメントファイルや、既に他のプロセスやアプリケーションで開かれているドキュメントファイルを(BLOBに)ロードしようとすると、それぞれに対応するファイルマネージャエラーが生成されます。

・ドキュメントファイルがロックされていたり、ロックされているボリュームにあったり、ドキュメントファイルを読み込む際に問題が発生すると、I/Oエラーが発生する場合があります。

・メモリ不足のためにドキュメントファイルをロードできない場合には、エラー-108が生成されます。

いずれの場合でも、ON ERR CALL割り込みメソッドを使用すれば、このエラーをとらえることができます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次