SET DOCUMENT TYPE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


SET DOCUMENT TYPE (document; fileType)

引数説明
document文字列ドキュメント名
またはドキュメントの完全なパス名
fileType文字列Windowsファイル拡張子
またはMac OSファイルタイプ(4バイト)

説明

SET DOCUMENT TYPEコマンドは、ドキュメントの名前またはパス名を引数documentに渡すドキュメントのタイプを設定します。

引数fileTypeにドキュメントの新しいタイプを渡します。

システムドキュメントDocument Typeの節に記述されているファイルタイプの説明を参照してください。

Windowsでは、このコマンドはファイル拡張子を修正し、その結果documentの値が変わります。

   SET DOCUMENT TYPE("C:\\Docs\\Invoice.asc";"TEXT")

上記のコードを実行すると、"Invoice.asc" ファイルは"Invoice.txt".という名前に変わります。4Dでは、Macintoshの"TEXT" タイプは、Windowsの"txt" タイプに相当します。

4Dに対応するタイプがない場合、拡張子を渡す必要があります。例えば、以下のコードは"Invoice.asc" ファイルを"Invoice.zip" という名前に変えます。

   SET DOCUMENT TYPE("C:\\Docs\\Invoice.asc";"zip")

参照

Document type, MAP FILE TYPES, SET DOCUMENT CREATOR, SET DOCUMENT PROPERTIES.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次