BLOB TO VARIABLE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


BLOB TO VARIABLE (blob; variable{; offset})

引数説明
blobBLOB4D変数を格納したBLOB
variable変数BLOBの内容を書き込む変数
offset変数BLOB内の変数の位置
BLOB内の次の変数の位置

説明

BLOB TO VARIABLE コマンドは、offset引数で指定されたバイトオフセット(ゼロから開始)にあるblobに格納されているデータを使用してvariableを上書きします。

BLOBデータは宛先変数と整合性を保っていなければなりません。通常、VARIABLE TO BLOBコマンドを使用して格納されたBLOBを使用します。

オプション引数のoffsetを指定しない場合には、変数データはBLOBの最初から読み込まれます。

複数の変数が格納されているBLOBを操作する場合には、offsetに数値型変数を渡さなければなりません。呼び出しの前に、この数値型変数に適切なオフセットを設定します。呼び出しの後で、この同じ数値型変数はBLOB内に格納されている次の変数へのオフセットを返します。

呼び出し後、変数が正常に上書きされた場合には、システム変数OKは1に設定されます。変数を上書きするために必要なメモリがない等の理由で処理が実行できなかった場合には、システム変数OKは0に設定されます。

プラットフォーム独立性に関する注意: BLOB TO VARIABLEBLOB TO VARIABLE は4Dの内部フォーマットを使用してBLOBに格納された変数を取り扱います。この利点として、これら二つのコマンドを使用する際、プラットフォーム間のバイトスワップを気にする必要はありません。言い換えればこれらのコマンドを使用してWindowsで作成されたBLOBをMacintoshで使用する、あるいはその逆を行うことができます。

例題

VARIABLE TO BLOBの例題参照

参照

VARIABLE TO BLOB.

システム変数またはセット

変数が正しく上書きされるとOK変数に1が、そうでなければ0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次