Command name

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


Command name (command) 文字列

引数説明
command数値コマンド番号
戻り値文字列ローカライズされたコマンド名

説明

Command name コマンドは、引数commandに渡したコマンド番号のコマンド名を返します。

4Dは、メソッドで使用するキーワード、定数、およびコマンド名のダイナミックに翻訳を統合しています。4Dの日本語版を使用している場合、次のように記述します:

   DEFAULT TABLE([MyTable])
   ALL RECORDS ([MyTable])

同じコードがフランス語版の4Dでは以下のようになります:

   TABLE PAR DEFAUT ([MyTable])
   TOUT SELECTIONNER ([MyTable])

ただし、4Dにはユニークな機能であるEXECUTE FORMULAコマンドがあり、これを使用すると、データベースがコンパイルされていてもただちにコードを作成して、このコードを実行することができます。

日本語版でEXECUTE FORMULA文を使用して作成されたコードの例は、以下のようになります:

   EXECUTE FORMULA ( "DEFAULT TABLE([MyTable])")
   EXECUTE FORMULA( "ALL RECORDS([MyTable])")

同じコードがフランス語版の4Dで開かれると以下のようになります:

   EXECUTER FORMULE ( "DEFAULT TABLE([MyTable])")
   EXECUTER FORMULE( "ALL RECORDS([MyTable])")

4Dは、EXECUTE FORMULA(日本語版)をEXECUTER FORMULE(フランス語版)に自動で翻訳しますが、コマンドに渡したテキスト文を翻訳することはできません。

アプリケーションでEXECUTE FORMULA コマンドを使用する場合には、Command nameを使用して異なる言語間のローカライズにおける実行文の問題を解決し、文を言語に依存しないようにすることができます。コードの例は、以下のようになります:

   EXECUTE FORMULA (Command name (46)+"([MyTable])")
   EXECUTE FORMULA(Command name (47)+"([MyTable])")

4Dのフランス語版を使用すると、このコードは以下のようになります:

   EXECUTER FORMULE(Nom commande (46)+"([MyTable])")
   EXECUTER FORMULE(Nom commande (47)+"([MyTable])")

Note: コマンド番号を知るには、コマンドシンタックス (名前順) の節を参照してください。


例題

1. データベースのすべてのテーブルについて、各テーブルの標準データ入力に使用するための“INPUT FORM”というフォームがあります。そこで、ポインタまたはテーブル名を渡すテーブルのカレント入力フォームとしてこのフォームを設定する、汎用的なプロジェクトメソッドを追加する場合には、次のように記述します:

      ` STANDARD INPUT FORM project method
      ` STANDARD INPUT FORM ( ポインタ {; 文字列 })
      ` STANDARD INPUT FORM ( ->aTable {; TableName })
   C_POINTER ($1)
   C_STRING (31;$2)

   If (Count parameters>=2)
      EXECUTE FORMULA(Command name (55)+"(["+$2+"];"INPUT FORM")")
   Else
      If (Count parameters>=1)
         INPUT FORM ($1->;"INPUT FORM")
      End if
   End if

このプロジェクトメソッドがデータベースに追加された後、以下のように記述します:

   STANDARD INPUT FORM  (->[Employees])
   STANDARD INPUT FORM  ("Employees")

Note: 通常、汎用ルーチンを記述する場合には、ポインタを使用することをお勧めします。その理由としては、まず、データベースがコンパイルされているとき、そのコードもコンパイルモードで実行されるからです。次に前述の例でもあるようにテーブルの名前を変更すると、コードは正しく動作しなくなるためです。ただし、EXECUTE FORMULAコマンドを使用すれば問題が解決する場合もあります。

2. フォームで、一般的なサマリーレポートコマンドのドロップダウンリストを作成します。ドロップダウンリストのオブジェクトメソッドに、次のように記述します:

   Case of
      : (Form event =On Before)
         ARRAY TEXT (asCommand;4)
         asCommand{1}:=Command name (1) ` Sum
         asCommand{2}:=Command name (2) ` Average
         asCommand{3}:=Command name (4) ` Min
         asCommand{4}:=Command name (3) ` Max
      ` ...
   End case

4Dの日本語版ではドロップダウンリストに、Sum、Average、Min、Maxが表示されます。フランス語版では、ドロップダウンリストには、Somme、Moyenne、Min、Maxが表示されます。

参照

EXECUTE FORMULA, コマンドシンタックス (名前順).


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次