COPY DOCUMENT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


COPY DOCUMENT (sourceName; destinationName{; *})

引数説明
sourceName文字列コピーされるドキュメントの名前
destinationName文字列コピーされたドキュメントの名前
*既存するドキュメントの上書き

説明

COPY DOCUMENTコマンドを使用して、sourceNameによって指定されたドキュメントをdestinationNameによって指定された場所にコピーします。

sourceNamedestinationNameは、データベースフォルダに配置されたドキュメントを参照する名前、またはボリュームのルートレベルから記述したドキュメントを表すパス名です。

destinationNameという名前のドキュメントが既に存在する場合、オプションの引数 * を指定してCOPY DOCUMENTが目的のドキュメントを上書きするよう指示しなければ、エラーが発生します。

例題

1. 次の例を使用して、そのドキュメントがあるフォルダ内でドキュメントを複製します。

      COPY DOCUMENT("C:\\FOLDER\\DocName";"C:\\FOLDER\\DocName2")

2. 次の例を使用して、ドキュメントをデータベースフォルダにコピーします(表示されているC:\\FOLDERは、データベースフォルダではありません) 。

      COPY DOCUMENT("C:\\FOLDER\\DocName";"DocName")

3. 次の例を使用して、ドキュメントを一つのボリュームから他のボリュームへコピーします。

      COPY DOCUMENT("C:\\FOLDER\\DocName";"F:\\Archives\\DocName.OLD")

4. 次の例を使用して、そのドキュメントがあるフォルダ内で既存のコピーを上書きして、ドキュメントを複製します。

      COPY DOCUMENT("C:\\FOLDER\\DocName";"C:\\FOLDER\\DocName2";*)

参照

MOVE DOCUMENT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次