LONGINT TO BLOB

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


LONGINT TO BLOB (longint; blob; byteOrder{; offset | *})

引数説明
longint数値BLOBに書き込む倍長整数値
blobBLOB倍長整数値を受け取るBLOB
byteOrder数値0  Native byte ordering
1  Macintosh byte ordering
2  PC byte ordering
offset | *変数 | *BLOB内のオフセット (バイト単位)
または値を追加する場合 *
*でない場合、書き込み後の新しいオフセット

説明

LONGINT TO BLOB コマンドは、blobに4バイトのlongint値を書き込みます。

byteOrder引数は、4バイト倍長整数値が書き込まれる際のバイトオーダーを決定します。4Dが提供する以下の定義済み定数のうち、いずれか1つを渡します:

定数
Native byte ordering倍長整数0
Macintosh byte ordering倍長整数1
PC byte ordering倍長整数2

プラットフォーム独立性に関する注意: MacintoshとPCプラットフォーム間でBLOBを交換する場合、このコマンドを使用する際のバイトスワップの管理は開発者に任されています。

オプションの * 引数を渡すと、4バイト倍長整数値はBLOBの最後に追加され、BLOBサイズはそれに従い拡張されます。オプションの * 引数を使用することで、BLOBがメモリに収まる限り、整数, 倍長整数, 実数 あるいは テキスト値 (他のBLOBコマンド参照) をBLOBに連続して格納できます。

オプション引数 * やoffset変数引数を指定しない場合、4バイトの倍長整数値はBLOBの最初に格納され、それ以前の内容を上書きします。これに合わせてBLOBのサイズも調整されます。

offset変数引数を渡した場合、4バイト倍長整数値はBLOB内のオフセット(ゼロから開始)に書き込まれます。4バイトの倍長整数の値を書き込む位置に関わらず、BLOBのサイズは渡した位置に従って(必要に応じてさらに最大4バイトまで)増加します。現在書き込んでいるバイト以外の新しく割り当てられるバイトは、ゼロに初期化されます。

呼び出し後、offset変数引数は、書き込まれたバイト数分だけインクリメントされます。したがって、同じoffset変数引数を別のBLOB書き込みコマンドにも使用し、別の値をBLOBに追加できます。

例題

1. 以下のコードを実行すると:

   LONGINT TO BLOB (0x01020304;vxBlob;Native byte ordering)

vxBlobのサイズは4バイトになります。

・Power PCプラットフォーム: vxBLOB{0}=$01, vxBLOB{1}=$02, vxBLOB{2}=$03, vxBLOB{3}=$04

・Intelプラットフォーム: vxBLOB{0}=$04, vxBLOB{1}=$03, vxBLOB{2}=$02, vxBLOB{3}=$01

2. 以下のコードを実行すると:

   LONGINT TO BLOB (0x01020304;vxBlob;Macintosh byte ordering)

vxBlobのサイズは4バイトになります。

・すべてのプラットフォーム: vxBLOB{0}=$01, vxBLOB{1}=$02, vxBLOB{2}=$03, vxBLOB{3}=$04

3. 以下のコードを実行すると:

   LONGINT TO BLOB (0x01020304;vxBlob;PC byte ordering)

vxBlobのサイズは4バイトになります。

・すべてのプラットフォーム: vxBLOB{0}=$04, vxBLOB{1}=$03, vxBLOB{2}=$02, vxBLOB{3}=$01

4. 以下のコードを実行すると:

   SET BLOB SIZE (vxBlob;100)
   LONGINT TO BLOB (0x01020304;vxBlob;PC byte ordering;*)

vxBlobのサイズは104バイトになります。

・すべてのプラットフォーム: vxBLOB{100}=$04, vxBLOB{101}=$03, vxBLOB{102}=$02, vxBLOB{103}=$01

・BLOBの他のバイトは変更されない

5. 以下のコードを実行すると:

   SET BLOB SIZE (vxBlob;100)
   vlOffset:=50
   LONGINT TO BLOB (0x01020304;vxBlob;Macintosh byte ordering;vlOffset)

vxBlobのサイズは100バイトになります。

・すべてのプラットフォーム: vxBLOB{50}=$01, vxBLOB{51}=$02, vxBLOB{52}=$03, vxBLOB{53}=$04

・BLOBの他のバイトは変更されない

・変数vlOffsetは4インクリメントされ54となる

参照

BLOB to integer, BLOB to longint, BLOB to real, BLOB to text, INTEGER TO BLOB, REAL TO BLOB, TEXT TO BLOB.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次