BLOB to text

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


BLOB to text (blob; textFormat{; offset{; textLength}}) テキスト

引数説明
blobBLOBテキストを取り出すBLOB
textFormat数値テキストのフォーマットと文字セット
offset変数BLOB内のオフセット (バイト単位)
読み込み後の新しいオフセット
textLength数値読み込む文字数
戻り値テキスト取り出したテキスト

説明

BLOB to text コマンドはBLOB blobからテキストを読みだして、返します。

textFormat 引数は、読み込むテキスト値の内部フォーマットと文字セットを指定します。4Dバージョン11以降で作成されたデータベースでは、4Dはテキストの処理にデフォルトでUnicode (UTF-8) を使用します。互換性を保つため、このコマンドに、以前のバージョンの4Dで使用されていたMac Roman文字セットへの変換を強制することもできます。文字セットはtextFormat 引数で指定します。これを行うには、“BLOB”テーマの以下の定数のうちいずれかをtextFormat 引数に渡します:

定数
Mac C String倍長整数0
Mac Pascal String倍長整数1
Mac Text with length倍長整数2
Mac Text without length倍長整数3
UTF8 C String倍長整数4
UTF8 Text with length倍長整数5
UTF8 Text without length倍長整数6

Notes:

・“UTF8”から始まる定数は、Unicodeモードのアプリケーションでのみ使用できます。

・“Mac”から始まる定数は、32 KBまでのテキストを扱えます。

・UTF-8以外の文字セットを使用するには、Convert to text コマンドを使用します。

これらの定数とフォーマットに関する詳細は、TEXT TO BLOB コマンドの説明を参照してください。

警告: 読み込む文字数はtextFormat 引数により決定されます。ただしMac Text without lengthUTF8 Text without lengthは除きます。これらの場合、引数 textLengthで読み込む文字数を指定しなければなりません。他のフォーマットでは、textLengthは無視され、省略できます。

オプションのoffset変数引数を渡すと、テキスト値は0から始まるオフセット位置から読み込まれます。offset変数引数を指定しないと、BLOBの先頭からtextFormatに渡した値に基づき読み込まれます。文字長が指定されないテキストを読み込む際には、offset変数引数を渡さなければならないことに注意してください。

Note: オフセット値として、0 (ゼロ) からBLOBサイズ-テキストサイズの間の数値を渡さなければならないことに注意してください。そうでなければ戻り値は予期できないものとなります。

呼び出し後、offset変数は、読み込まれたバイト数分だけインクリメントされます。したがって、同じoffset変数を別のBLOB読み込みコマンドにも使用し、別の値をBLOBから読みだすことができます。

参照

BLOB to integer, BLOB to longint, BLOB to real, Convert to text, INTEGER TO BLOB, LONGINT TO BLOB, REAL TO BLOB, TEXT TO BLOB.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次