BLOB to list

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


BLOB to list (blob{; offset}) ListRef

引数説明
blobBLOB階層リストが格納されたBLOB
offset数値BLOB内のオフセット (バイト単位)
読み込み後の新しいオフセット
戻り値ListRef新しく作成されたリスト参照

説明

BLOB to list コマンドはblob中、offsetで指定されたバイトオフセット(ゼロから開始)に格納されているデータを使用して新しい階層リストを作成し、このリストのリスト参照番号を返します。

BLOBデータはコマンドと整合性を保っていなければなりません。通常、LIST TO BLOBコマンドを使用して階層リストを格納したBLOBを使用します。

オプション引数offsetを指定しない場合には、階層リストはBLOBの最初から読み込まれます。複数の変数やリストが格納されているBLOBを操作する場合には、offsetにオフセットを格納した数値型変数を渡さなければなりません。呼び出しの前に、この数値型変数を適切なオフセットに設定します。呼び出しの後で、この数値型変数はBLOB内に格納されている次の変数へのオフセットを返します。

呼び出し後、階層リストが正常に作成された場合には、システム変数OKは1に設定されます。階層リストを作成するために必要なメモリがない等の理由で処理が実行できなかった場合には、システム変数OKは0に設定されます。

プラットフォーム独立性に関する注意: BLOB to listLIST TO BLOBは、BLOBに格納されたリストを処理するために4Dの内部フォーマットを使用します。この利点として、これら二つのコマンドを使用する際、プラットフォーム間のバイトスワップを気にする必要はありません。言い換えればこれらのコマンドを使用してWindowsで作成されたBLOBをMacintoshで使用する、あるいはその逆を行うことができます。

例題

この例では、データ入力フォームが画面に表示される前に、このフォームのフォームメソッドがBLOBフィールドからリストを抽出し、データ入力が検証されるとこのリストをBLOBフィールドに再び格納します:

      ` [Things To Do];"Input" フォームメソッド

   Case of 

      : (Form event=On Load)
         hList:=BLOB to list([Things To Do]Other Crazy Ideas)
         If (OK=0)
            hList:=New list
         End if 

      : (Form event=On Unload)
         CLEAR LIST(hList;*)

      : (bValidate=1)
             LIST TO BLOB(hList;[Things To Do]Other Crazy Ideas)

   End case 

参照

LIST TO BLOB.

システム変数とセット

リストがが正常に作成された場合には、システム変数OKは1に、それ以外の場合には0に設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次