SET BLOB SIZE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


SET BLOB SIZE (blob; size{; filler})

引数説明
blobBLOBBLOBフィールドまたは変数
size数値BLOBの新しいサイズ
filler数値埋め込み文字のASCIIコード

説明

SET BLOB SIZE コマンドは、size引数に渡された値に従って、BLOB blobのサイズを変更します。

BLOBに新しいバイトを割り当て、それらのバイトを特定の値で初期化したい場合には、その値 (0..255) をオプション引数のfillerに渡します。

例題

1. 大きなBLOBプロセスまたはインタープロセス変数の処理を終了した後、占有していたメモリを解放することをお勧めします。そのためには、以下のように記述します:

   SET BLOB SIZE(aProcessBLOB;0)
   SET BLOB SIZE(<>anInterprocessBLOB;0)

2. 以下の例では、0xFFが埋め込まれた16KBのBLOBが作成されます:

   C_BLOB(vxData)
   SET BLOB SIZE(vxData;16*1024;0xFF)

参照

BLOB size.

エラー処理

メモリが足りず、BLOBのリサイズができないとき、エラー-108が生成されます。このエラーはON ERR CALLでとらえることができます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次