SEND HTML FILE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.5 (Modified)


SEND HTML FILE (htmlFile)

引数説明
htmlFile文字列HTMLファイルへのHTMLパス名
または、SEND HTML FILEを終了させる場合空の文字列

説明

SEND HTML FILE コマンドを使用して、htmlFileに渡すパス名を持つHTMLドキュメントに保存されているWebページをWebブラウザへ送ります。

デフォルトで、4DはHTMLドキュメントをアプリケーション環境設定で定義されているHTMLルートフォルダ内で検索します。

コマンドはHTMLシンタックスのパス名のみを引数として受け入れます。プラットフォームに関係なく、ディレクトリまたはフォルダの名前は、スラッシュ ("/") で区切られていなければなりません。

無効なHTMLパス名を指定すると、4Dは、"リクエストされたHTMLページを見つけることができませんでした" というメッセージ をWebブラウザへ送ります。

hmtlFile に空の文字列を渡す代わりのシンタックス SEND HTML FILE("") は、コンテキストモードにおいて、HTMLモードを起動したSEND HTML FILE コマンドの呼び出しを終了させます。以下の図は、その機能を表しています。

1.コンテキストモードでは、HTMLドキュメントをブラウザへ送る際、4Dメソッド (プロジェクト、オブジェクトまたはデータベース) は、SEND HTML FILE へ呼び出しを発行します。

2. ブラウザへ送られた最初のWebページは、他のWebページへHTMLリンクするか、他のWebページを送信する SEND HTML FILE の呼び出しを含む4Dメソッドへの参照が含まれています。これら他のページは他のページへアクセスするために4Dメソッドにリンクまたは参照しています。Webページを参照している間、戻るボタン等でブラウザのナビゲーションコントロールを使用することができます。

3. すべてのWebページは、SEND HTML FILE("") を呼び出す4Dメソッドへの参照を含むことができます。この呼び出しは最初に行った SEND HTML FILE の呼び出しを終了し、戻ってきます。最初に自由なWebナビゲーションを開始した4Dメソッドの実行を追跡します。

SEND HTML FILE コマンドが実行されると、OKシステム変数が更新されます。送るファイルが存在していて、タイムアウトになっていなければ、OKシステム変数は1になります。その他の場合は0になります。

Note: SEND HTML FILE コマンドをWebプロセスでないプロセスから呼び出した場合、コマンドは何も行わず、エラーも返しません。呼び出しは無効となります。

どのモードにおいても、4D変数への参照とページ上の 4DSCRIPTS タイプのタグは、いつも解析されます。

例題

1. データベースのHTMLルートフォルダはWebDocsフォルダです。以下のエレメントを含みます。

   ..\WebDocs\HTM\MyPage.HTM

必ず以下の方法で、Webページ "MyPage.HTM" を送ります。

   SEND HTML FILE ("HTM/MyPage.HTM")

2. コンテキストモードで4D Webセッション中に、4Dフォームを使用してレコードを追加しているとします。このフォームには、以下のオブジェクトメソッドを持つ bHelp ボタンがあります。

      ` bHelp ボタンオブジェクトメソッド
   SEND HTML FILE ("Help.HTM")

Help.HTM ドキュメントから開始した際、非常に多くのHTMLページを自由にナビゲートすることができます。このHTMLページはWebサイトに対してデータベースヘルプシステムを実行します。各ページには、"submit" ボタン Done があります。このボタンでデータ入力に戻ります。

これを実行するには、すべてのHTMLドキュメントが、この "submit" ボタンの定義に含まれなければなりません。

   <!-- bDone submit button -->
   <P><INPUT TYPE="submit" NAME="bDone" VALUE="Done"></P>

また、post actionフォームの定義も同様です。

   <!-- Execute the 4D htm_Help_Done when a submit button is hit -->
   <FORM action="/4DMETHOD/htm_Help_Done" method="POST">

4D側では、htm_Help_Done プロジェクトメソッドが、 bHelp ボタンで開始した SEND HTML FILE コマンド

を終了させます。

      ` htm_Help_Done プロジェクトメソッド
   SEND HTML FILE ("")

bHelp ボタンのオブジェクトメソッドでの SEND HTML FILE の呼び出しは、メソッドの最後の行で行います。メソッドが完了した時、データ入力に戻ります。

システム変数とセット

送られるファイルが存在する場合やタイムアウトでない場合、OKシステム変数に1が代入されます。その他の場合は0になります。

参照

4DオブジェクトをHTMLオブジェクトにバインドする, SEND HTML BLOB, はじめてのWebサーバ.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次