SET WEB DISPLAY LIMITS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


SET WEB DISPLAY LIMITS (numberRecords{; numberPages{; picRef}})

引数説明
numberRecords数値各HTMLページに表示する
最大レコード数
numberPages数値各HTMLページの下部にある
ページ参照の最大数
picRef数値詳細ページレコードボタン用のピクチャ参照番号

説明

SET WEB DISPLAY LIMITS コマンドは、DISPLAY SELECTION または MODIFY SELECTION を呼び出す際、Webブラウザ側におけるレコードセレクションの4Dによる表示方法を変更します。このコマンドはコンテキストモードでのみ機能します。

4Dを使用してレコードのセレクションを表示する際、プログラムはセレクションのすべてのレコードを読み込むわけではありません。1度にウィンドウで表示できるレコードを読み込む (ディスクから) のみです。そうすることによって、たとえ何千というレコードのセレクションを作成していても、素早く表示することができます。そして、ウィンドウをスクロールまたはウィンドウのサイズを変更しても、4Dはレコードを適切に読み込みます。

Web上で4Dはページに表示されるレコードのセレクションを分割します。ページ体系がなければ、何千というレコードのセレクションの場合、結果として、インターネットやイントラネット上で1つのWebページだけに何千のレコードを表示することになります。これらのレコードをダウンロードするにはかなりの時間を必要とします。恐らく、Webブラウザはメモリも使い切ってしまうでしょう。

デフォルトで、4Dはセレクションの最初の20レコードを表示します。そして、各HTMLページの最後に、セレクションの最初の20ページへのリンクを20個含みます。つまりは、デフォルトで、各セレクションページの最後に設定されたページリンクをクリックすることによって、セレクションの最初の400レコードをブラウズすることができるようになります。このページングシステムはコーディングに対して透過的であることに注意してください。DISPLAY SELECTION または MODIFY SELECTION への呼び出し内ですべての作業が実行されます。

SET WEB DISPLAY LIMITS を使用すると、これらの設定を変更することができます。numberRecords 引数には、セレクションページごとに表示したいレコードの最大数を指定します。numberPages には、各セレクションページの最後に配置したいセレクションページリンクの最大数を指定します。

例えば、10,000レコードのセレクションがあり、1つのセレクション表示ですべてをブラウズしたい場合、numberRecords=100numberPages=100 を渡します。ただし、このデータはネットワークまたはインターネットを経由するということに注意してください。インターネットの場合は、セレクションの表示設定を変更する際、スピード要因を考慮する必要があります。

更に、SET WEB DISPLAY LIMITS を用いると、オプションとして、詳細ページレコードボタンのデフォルトアイコンを変更することができます。引数 picRef には、新しいアイコンとして使用したいデータベースピクチャライブラリに格納されているピクチャのピクチャ参照番号を指定します。

SET WEB DISPLAY LIMITS は、後に続くDISPLAY SELECTION または MODIFY SELECTION への呼び出しにだけ影響を与えます。そして、その有効範囲はカレントプロセス内です。

例題

以下の例では、 DISPLAY SELECTION または MODIFY SELECTION コマンドが、[Zip Codes] テーブルに対して発行されます。デフォルトで、4DはWebブラウザ上でレコードを以下のように表示します。

最初の400レコードをブラウズできるので注意してください。

以下のピクチャがデータベースピクチャライブラリに追加されたものとします。

DISPLAY SELECTION または MODIFY SELECTION コマンドの呼び出しより先に、セレクションを表示するプロジェクトメソッドが、以下に示されているSET WEB DISPLAY LIMITS コマンドの呼び出しを実行します。

   SET WEB DISPLAY LIMITS (50;100;17877)

Webブラウザ上のセレクションは以下のように表示されて終了します。

これでセレクションの最初の5,000レコードをブラウズできるようになります。

参照

DISPLAY SELECTION, MODIFY SELECTION, コンテキストモードの利用.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次