GET LIST ITEM PROPERTIES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


GET LIST ITEM PROPERTIES ({*; }list; itemRef | *; enterable{; styles{; icon{; color}}})

引数説明
**指定時, listはオブジェクト名 (文字列)
省略時, listはリスト参照番号
listListRef | 文字列リスト参照番号 (* 省略時), または
リストオブジェクト名 (* 指定時)
itemRef | *倍長整数 | *項目参照番号, または
0: リストに最後に追加された項目, または
*: カレントのリスト項目
enterableブールTRUE = 入力可, FALSE = 入力不可
styles数値項目のフォントスタイル
icon数値"cicn" Mac OSベースのリソースID, または
65536 + "PICT" Mac OSベースのリソースID, または
131072 + ピクチャ参照番号
color倍長整数RGBカラー値

説明

GET LIST ITEM PROPERTIES コマンドは、引数listに渡されたリスト参照番号またはオブジェクト名のリスト内で、引数itemRefによって指定された項目のプロパティを返します。

オプションの第一引数 * を渡すと、list 引数はフォーム上のリストオブジェクトに対応するオブジェクト名 (文字列) です。この引数を渡さない場合、list 引数は階層リスト参照 (ListRef) です。リストオブジェクトを一つしか使わない場合や、2番目の * を使用しない場合は、両方のシンタックスを使用できます。他方フォーム上に同じ階層リストを参照する複数のオブジェクトがある場合で、2番目の * を渡して現在選択されている項目を参照する場合、それぞれのオブジェクトが個別に選択された項目をもつので、オブジェクト名に基づくシンタックスを使用しなければなりません。

Note: オブジェクト名に @ 文字を使用することで、名前に対応するオブジェクトが複数検索された場合、GET LIST ITEM PROPERTIES コマンドは最初に見つけたオブジェクトを処理の対象とします。

itemRefに項目参照番号を渡すことができます。0を渡した場合、リストに最後に追加された項目が処理の対象となります。* を渡した場合、コマンドは現在選択されている項目を処理の対象とします。複数の項目が選択されている場合、カレントの項目は最後に選択された項目です。

* を渡して項目が選択されていない場合や項目参照番号を渡してその項目が存在しない場合、コマンドはパラメタを変更しません。

項目参照番号を使用して作業を実行する場合、項目がユニークな参照番号を持つリストを作成します。そうでなければ、項目を区別できません。詳細については階層リストの管理の説明を参照してください。

呼出し後に、以下の値を取得できます:

・項目が編集可の場合、enterableにTRUEが返されます。

stylesには項目のフォントスタイルが返されます。

iconには項目に割り当てられたアイコンまたはピクチャが返されます。アイコンがない場合0が返されます。

colorには項目のテキストカラーが返されます。

Note: GET LIST ITEM ICON コマンドを使用すれば、ピクチャ変数にアイコンを取得できます。

これらのプロパティに関する詳細は、SET LIST ITEM PROPERTIESコマンドの説明を参照してください。

参照

GET LIST ITEM, GET LIST ITEM ICON, SET LIST ITEM, SET LIST ITEM PROPERTIES.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次