SET HTML ROOT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


SET HTML ROOT (rootFolder)

引数説明
rootFolder文字列Webサーバルートフォルダのパス名

説明

SET HTML ROOT コマンドを使用して、デフォルトのルートフォルダを変更します。そのなかで4DはWebサーバがリクエストしたHTMLを探します。

このコマンドは、データベースの環境設定に設定されているデフォルトのルートフォルダを考慮にいれません。このフォルダに関する詳細は、接続セキュリティ の節を参照してください。

HTMLシンタックス (URLタイプ) 、またはシステムシンタックス (絶対パス) のいずれかでルートフォルダの場所を表します。

・HTMLシンタックス: 使用しているプラットフォームに関係なく、フォルダの名前をスラッシュ ("/") で区切ります。

・システムシンタックス: 現在のプラットフォームのシンタックスを考慮した絶対パス名 ("ロングネーム") 。

- (Mac OS) Disk:Applications:myserv:folder

- (Windows) C:\Applications\myserv\folder

Notes:

・新しいルートフォルダを考慮に入れるために、Webサーバの再起動が必要です。

Get 4D folder コマンドを使用すると、何時でも現在のルートフォルダの場所を探すことができます。

無効なパス名を指定すると、OS Fileマネージャエラーが生成されます。ON ERR CALL メソッドでこのエラーを検知できます。エラーメソッド内から警告またはメッセージを表示する場合、ブラウザ側で表示されます。

参照

Get 4D folder, ON ERR CALL.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次