Validate password

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


Validate password (userID; password) ブール

引数説明
userID数値ユニークなユーザID
password文字列暗号化されていないパスワード
戻り値ブールTrue = 有効なパスワード
False = 無効なパスワード

説明

引数 password に渡された文字列が、引数 userID に渡されたID番号を持つユーザアカウントのパスワードである場合、Validate password コマンドはTrueを返します。

フラッディング ( ブルートフォース攻撃 ) 、言い換えれば複数のユーザ名とパスワードの組み合わせによる試みを防ぐために、コマンドは遅れて実行されます。その結果、このコマンドを4回呼び出すと、10秒間の遅延が発生します。この遅れは、ワークステーション全体を通して発生します。

例題

以下の例題を使用して、ユーザ “Hardy” のパスワードが “Laurel” であるかどうかを調べます。

   GET USER LIST(atUserName;alUserID)
   $vlElem:=Find in array(atUserName;"Hardy")
   If ($vlElem>0)
      If (Validate password(alUserID{$vlElem};"Laurel"))
         ALERT("Yep!")
      Else
         ALERT("Too bad!")
      End if
   Else
      ALERT("Unknown user name")
   End if

参照

GET USER PROPERTIES, Set user properties.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次