CREATE SET FROM ARRAY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.7 (Modified)


CREATE SET FROM ARRAY (aTable; recordsArray{; setName})

引数説明
aTableテーブルセットのテーブル
recordsArray倍長整数 | ブール配列レコード番号配列、または
ブール配列 (True = レコードはセットに含まれる,
False = レコードはセットに含まれない)
setName文字列作成するセットの名前, または
省略時、UserSetに適用する

説明

CREATE SET FROM ARRAY コマンドは、セットsetNameを下記の情報から作成します:

aTableテーブルの絶対レコード番号の配列recordsArray

・ブール配列recordsArray。この場合、配列の値はそれぞれのレコードがsetNameに属する (True) か属さないか (False) を表します。

このコマンドを使用する際、recordsArrayに倍長整数配列を渡すと、配列中のすべての数値はsetNameに格納されるレコードのレコード番号を表します。番号が無効の場合 (例えばレコードが作成されていない場合)、エラー-10503が生成されます。

このコマンドを使用する際、recordsArrayにブール配列を渡すと、配列のN番目の要素は、setNameにN番目のレコードが含まれるか (True) 含まれないか (False) を表します。通常配列の要素数はテーブルのレコード数と一致しなくてはなりません。配列要素数がレコード数より少ない場合、配列により定義されたレコードのみがセットに格納されます。

Note: ブール配列では0からN-1までの要素がこのコマンドにより使用されます。

setName 引数を渡さないか空の文字列を渡すと、コマンドはUsersetシステムセットに適用されます。

参照

BOOLEAN ARRAY FROM SET, CREATE SELECTION FROM ARRAY, 識別子.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次