Get database parameter

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.4 (Modified)


Get database parameter ({aTable; }selector{; stringValue}) 倍長整数

引数説明
aTableテーブルパラメタを取得するテーブル、または
引数が省略された場合デフォルトテーブル
selector倍長整数データベースパラメタコード
stringValue文字列パラメタの文字列値
戻り値倍長整数パラメタの現在の値

説明

Get database parameter コマンドを使用して、現在の4Dデータベースパラメタの値を知ることができます。パラメタ値が文字列の場合、それはstringValue 引数に返されます。

selector 引数には、知りたいパラメタを指定します。4Dは“Database Parameters”のテーマで、定義済み定数を提供しています:

定数
Seq Order Ratio**** このセレクタは無効になりました ****
Seq Access Optimization**** このセレクタは無効になりました ****
Seq Distinct Values Ratio**** このセレクタは無効になりました ****
Index Compacting**** このセレクタは無効になりました ****
Seq Query Select Ratio**** このセレクタは無効になりました ****
Minimum Web Process倍長整数6
Maximum Web Process倍長整数7
Web conversion mode倍長整数8
Database Cache Size倍長整数9
4D Local Mode Scheduler倍長整数10
4D Server Scheduler倍長整数11
4D Remote Mode Scheduler倍長整数12
4D Server Timeout倍長整数13
4D Remote Mode Timeout倍長整数14
Port ID倍長整数15
IP Address to listen倍長整数16
Character set倍長整数17
Max Concurrent Web Processes倍長整数18
Client Minimum process Web倍長整数19
Client Maximum process Web倍長整数20
Client Maximum Web requests size倍長整数21
Client Port ID倍長整数22
Client IP Address to listen倍長整数23
Client Character set倍長整数24
Client Max Concurrent Web Proc倍長整数25
Cache Writing Mode**** このセレクタは無効になりました ****
Maximum Web requests size倍長整数27
4D Server Log Recording倍長整数28
Web Log Recording倍長整数29
Client Web Log Recording倍長整数30
Table Sequence Number倍長整数31
Real Display Precision倍長整数32
TCP_NODELAY倍長整数33
Debug Log Recording倍長整数34
Client Server Port ID倍長整数35
WEDD Signature 倍長整数36
Invert Objects倍長整数37
HTTPS Port ID倍長整数39
Client HTTPS Port ID倍長整数40
Unicode mode 倍長整数41
Temporary memory size**** このセレクタは無効になりました ****
SQL Autocommit倍長整数43
SQL Engine Case Sensitivity倍長整数44
Client Log Recording倍長整数45
Query By Formula On Server倍長整数46
Order By Formula On Server倍長整数47
Auto Synchro Resources Folder倍長整数48
QUERY BY FORMULA Joins倍長整数49
HTTP Compression Level倍長整数50
HTTP Compression Threshold倍長整数51
Idle Connections Timeout倍長整数54

この関数から返される値や、セレクタごとのスコープ、変更がセッションをまたいで有効かどうかについては、SET DATABASE PARAMETER コマンドの説明を参照してください。

Database Cache Size (9) セレクタを使用すると、現在のデータベースのメモリキャッシュサイズを取得できます。返される値はバイト単位です。

最大キャッシュサイズは環境設定の“データベース/データ管理”ページで設定できます。データベースキャッシュに割り当てられる実際のサイズは、設定だけでなく、現在のシステムのリソースにも影響されます。Get database parameter コマンドは、4Dがデータベースキャッシュに割り当てた実際のメモリサイズを返します。

Note: ランゲージを使用して、開発者がデータベースキャッシュメモリのサイズを設定することはできません。言い換えればDatabase Cache Size セレクタをSET DATABASE PARAMETER コマンドで使用することはできません。

WEDD Signature (36) セレクタをこのコマンドで使用すると、WEDD署名として定義された文字列をオプションのstringValue 引数に返し、返り値には0が返されます。

例題

1. 以下のメソッドを使用して4Dスケジューラの現在の値を取得します:

   C_LONGINT($ticksbtwcalls;$maxticks;$minticks;$lparams)
   If (Application type=4D Local Mode) ` 4D local mode is used
      $lparams:=Get database parameter(4D Local Mode Scheduler)
      $ticksbtwcalls:=$lparams & 0x00ff
      $maxticks:=($lparams>>8) & 0x00ff
      $minticks:=($lparams>>16) & 0x00ff
   End if

2. セレクタ16 (IP Address to listen) を使用して、4D WebサーバがHTTPリクエストを待ちうけるIPアドレスを取得します:

   C_LONGINT($a;$b;$c;$d)
   C_LONGINT($addr)
   $addr:=Get database parameter(IP Address to listen)
   $a:=($addr>>24)&0x000000ff
   $b:=($addr>>16)&0x000000ff
   $c:=($addr>>8)&0x000000ff
   $d:=$addr&0x000000ff

参照

DISTINCT VALUES, QUERY SELECTION, SET DATABASE PARAMETER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次