SEND HTML BLOB

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.5


SEND HTML BLOB (BLOB; 型{; noContext})

引数説明
BLOBBLOBブラウザへ送るBLOB
文字列BLOBのデータタイプ
noContextブールTrue = 非コンテキストモードへ変更
False = 現在のモードを維持

説明

SEND HTML BLOB コマンドを使用して blob をブラウザへ送ります。

BLOBに含まれるデータのタイプは type によって示されます。この引数は以下の定数のいずれかになります。

Type = 空の文字列 (""): この場合、BLOBにそれ以上の情報を供給する必要はありません。ブラウザがBLOBの内容を解釈しようとします。

Type = ファイル拡張子 (例: ".HTM"、".GIF"、".JPEG" など): この場合、BLOBに含まれるデータのMIMEタイプを拡張子を使って指定します。そして、BLOBはその拡張子に応じて解釈されます。ただし、ブラウザが正確に解釈できるように、拡張子は標準なものでなくてはなりません。

Type = Mime/Type (例: “text/html”、“image/tiff” など):この場合、BLOBに含まれるデータのMIMEタイプを直接指定します。このソリューションはより多くの自由度を提供します。標準タイプに加え、イントラネット経由で固有のドキュメントを送るためにカスタムMIMEタイプを渡すこともできます。これを実行するには、ブラウザを 設定するだけです。このブラウザが、送られたタイプを認識したり、適切なアプリケーションを開いたりします。その際、タイプに渡す値は、“application/x-[TypeName]” です。クライアントワークステーションのブラウザでは、このタイプを参照し、それを “アプリケーション起動” 動作に関連付けます。そのため、SEND HTML BLOB コマンド を使用すると、すべてのタイプのドキュメントを送ることが可能になり、イントラネットクライアントは関連するアプリケーションを自動的に開くことができるようになります。

Note: BLOBがタイプ "text/html" (.htm、.html、.shtm、.shtml) である場合、HTMLファイルとして解釈、そして解析されます。この際、コンテキストモードで使用されると、SEND HTML BLOB は、SEND HTML FILE と全く同じように動作します。SEND HTML BLOB("") の呼び出しを命令する4Dメソッドは、HTMLページのいずれかのページで呼び出されます。そして、最初の SEND HTML BLOB の呼び出しを終了させます。詳細は、SEND HTML FILE コマンドの記述を参照してください。

最も一般的なMIMEタイプのリストです。

拡張子Mime/Type
.htmtext/html
.htmltext/html
.shtmltext/html
.shtmtext/html
.csstext/css
.pdfapplication/pdf
.rtfapplication/rtf
.psapplication/postscript
.epsapplication/postscript
.hqxapplication/mac-binhex40
.jsapplication/javascript
.txttext/plain
.texttext/plain
.gifimage/gif
.jpgimage/jpeg
.jpegimage/jpeg
.jpeimage/jpeg
.jfifimage/jpeg
.picimage/pict
.pictimage/pict
.tifimage/tiff
.tiffimage/tiff
.mpegvideo/mpeg
.mpgvideo/mpeg
.movvideo/quicktime
.moovvideo/quicktime
.aifaudio/aiff
.aiffaudio/aiff
.wavaudio/wav
.ramaudio/x-pn-realaudio
.sitapplication/x-stuffit
.binapplication/x-stuffit
.zapplication/x-zip
.zipapplication/x-zip
.gzapplication/x-gzip
.tarapplication/x-tar

Note: 詳細は、http://www.iana.org に記述されている "Protocol Numbers and Assignment Services" のトピックを確認してください。

引数 noContext を用いると、コンテキストモードから非コンテキストモードへの切り替えを4D Webサーバに指定することができます。

引数が省略されたり、False を含んでいたりすると、現在のモードが適用されます。

どのモードにおいても、4D変数への参照や4DSCRIPT タイプタグは常に解析されます。

例題

PICT TO GIF ルーチンの例を参照してください。

参照

SEND HTML FILE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次