IMPORT DATA

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003 (Modified)


IMPORT DATA (fileName{; project{; *}})

引数説明
fileName文字列インポートファイルのフルパス名
projectBLOBインポートプロジェクト
インポートプロジェクトの新しい内容
(*引数指定時)
**インポートダイアログを表示し
プロジェクトの内容を更新

説明

IMPORT DATA コマンドは、データをfileNameファイルから読み込みます。4Dは以下のフォーマットのデータ読み込みを行えます: テキスト、固定長テキスト、XML、SYLK、DIF、DBF(dBase)および4Dフォーマット

fileNameに空の文字列を渡すと、IMPORT DATAは標準のファイルを保存ダイアログボックスを表示して、ユーザが読み込みファイルの名前、タイプおよび位置を定義することができるようにします。ダイアログボックスが受け入れられると、Documentシステム変数にファイルパスがセットされます。ユーザがキャンセルをクリックすると、コマンドの実行は停止されて、システム変数OKは0になります。

・オプション引数projectを省略した場合、インポートダイアログボックスが表示され、インポートパラメータを定義するかまたは既存の定義ファイルからインポートプロジェクトをロードすることができます。

Note: インポートプロジェクトには、読み込むテーブルやフィールド、区切り符号のようなインポートに関するすべてのパラメタが含まれています。これらのパラメタはデータ読み込みダイアログボックス内で定義します。プロジェクトはディスクに保存でき、読み込んで使用する事ができます。インポートダイアログに関する詳細情報は、4D Record Management Referenceマニュアルをご覧ください。

・有効なインポートプロジェクトを持つBLOBをproject引数に渡した場合、ユーザの操作無しに直接データ読み込みが実行されます。プロジェクトはインポートダイアログボックス内で既に前もって定義し保存しておかなければいけません。これを実行するには、2つの方法があります:

- プロジェクトをディスクに保存後、DOCUMENT TO BLOBコマンドを使用してBLOB型のフィールドや変数にセットします。

- project引数に空のBLOB、およびオプション引数 * を指定したIMPORT DATAコマンドを実行し、project引数の内容をBLOBフィールドに保存します(下記参照)。この方法は、ディスク上からプロジェクトを読み込む必要はなく、データと共にプロジェクトを保存することができます。

Note: 空のプロジェクトに関する例題はEXPORT DATA コマンドを参照してください。

オプションの引数 * が指定されていれば、projectに定義されたパラメータと共にデータ読み込みダイアログボックスを表示します。これは、定義済みのプロジェクトを使用しつつ、いくつかのパラメタを変更できるようにするものです。さらに、データ読み込みダイアログボックスを閉じた後に、project引数には、新しいプロジェクトのパラメタが格納され、この新しいプロジェクトをBLOBフィールドやディスク等に保存することができます。

データ書き出しが正常に終了すると、システム変数OKは1になります。

参照

EXPORT DATA, IMPORT DIF, IMPORT SYLK, IMPORT TEXT.

システム変数とセット

標準のファイルを開くダイアログボックスかインポートダイアログボックスのキャンセルボタンをクリックすると、システム変数OKには0がセットされます。書き出し処理が正常に終了すると1がセットされます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次