OPEN WEB URL

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


OPEN WEB URL (url{; *})

引数説明
url文字列開くURL
**指定した場合 = URLをエンコードしない,
省略した場合 = URLをエンコードする

説明

OPEN WEB URL コマンドは、もっとも適切なアプリケーションを使用して、url 引数に渡したファイルやURLを開きます。

url 引数には標準のURLやファイルパス名を渡せます。

4Dはまず引数をファイルパス名として解釈しようとします。コマンドはMac OSでコロン (':') を、Windowsでバックスラッシュ ('\') を、またはfile://から始まるPOSIX URLを受け入れます。この場合4Dはシステムに、もっとも適切なアプリケーションを使用してファイルを開くよう、リクエストします (例えば、.htmlファイルにはブラウザを、.docファイルにはMS Wordを使用します)。この場合 * 引数は無視されます。

url 引数に標準のURL (mailto:, news:, http:などのプロトコル) が渡された場合、4D はデフォルトのWebブラウザを開始し、URLにアクセスします。コンピュータに接続されたボリュームにブラウザがない場合、このコマンドは何も行いません

4Dは自動でURLの特別文字をエンコードします。引数に*を渡すと、4DはURL特別文字のエンコードを行いません。このオプションを使用して、以下のようなURLの送信が可能です: "http://www.server.net/page.htm?q=something"

注: このコマンドはWebプロセスから呼ばれた時は動作しません。

例題

1. 以下では、このコマンドがURL引数として受け入れる異なるタイプの文字列を例示します:

   OPEN WEB URL( "http://www.4d.com")
   OPEN WEB URL( "file://C:/Users/Lauren/Documents/pending.htm")
   OPEN WEB URL( "C:\Users\Lauren\Documents\pending.htm")
   OPEN WEB URL( "mailto:john_martin@4d.com")

2. この例はアプリケーションを起動するために使用できます:

   $fichier:=Select document("";"";0)
   If(OK = 1)
      OPEN WEB URL(Document)
   End if

3. 以下のコードを実行すると:

   OPEN WEB URL("file:///D:/web file.htm")

Webブラウザが起動され、URLは次のようにエンコードされます "file:///D%3A/web%20file.htm"。

4. 以下のコードを実行すると:

   OPEN WEB URL("file:///D:/web file.htm";*) 

Webブラウザが起動され、URLは "file:///D:/web file.htm" のままです。

5. ローカルのファイルを開く際、システムの区切り文字をurl 引数で使用できます:

   $ref:=Open document("";"";Get Pathname)
   CLOSE DOCUMENT($ref)
   OPEN WEB URL("file:///"+document)

6. 以下のコードはブラウザを起動し、4D社のWebサイトに接続します:

   OPEN WEB URL("http://www.4d.com/")

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次