Open form window

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


Open form window ({aTable; }formName{; type{; hPos{; vPos{; *}}}}) WinRef

引数説明
aTableテーブルフォームが属するテーブル、または省略時デフォルトテーブル
formName文字列フォーム名
type倍長整数ウィンドウタイプ
hPos倍長整数ウィンドウの横位置
vPos倍長整数ウィンドウの縦位置
**ウィンドウの現在の位置とサイズを保存
戻り値WinRefウィンドウ参照番号

説明

Open form window コマンドはフォームformNameのサイズとリサイズプロパティを使用して、新しいウィンドウを開きます。

formNameフォームはウィンドウに表示されません。フォームを表示するには、フォームをロードするコマンド (ADD RECORD 等) を呼び出さなければなりません。

デフォルトで (type 引数が渡されないと)、クローズボックス付きの標準ウィンドウが開かれます。Open window コマンドと異なり、クローズボックスにはメソッドは割り当てられません。クローズボックスをクリックすると、On Close Boxフォームイベントが有効にされている場合を除き、ウィンドウがキャンセルされ閉じられます。On Close Boxフォームイベントが有効であれば、割り当てられたコードが実行されます。

formNameフォームがリサイズ可能であれば、開かれるウィンドウにはズームボックスとグローボックスが付加されます。

Note: フォームの主なプロパティを取得するには、GET FORM PROPERTIES コマンドを使用します。

オプションのtype引数は、ウィンドウのタイプを指定するために使用します。以下のいずれかの定数を渡さなければなりません (“Open form window” テーマ内):

定数
Plain form window倍長整数8
Modal form dialog box倍長整数1
Movable form dialog box倍長整数5
Palette form window倍長整数1984
Pop up form window倍長整数32
Sheet form window倍長整数33
Compositing Mode form window倍長整数4096

Notes:

・(グローボックス, クローズボックスなど...) 作成されたウィンドウの属性は、選択されたtypeに対するOSのインタフェース仕様に基づきます。ゆえに使用するプラットフォームによって異なる結果が得られる場合があります。

Compositing Mode form window 定数は、他の定数に加算して使用し、ウィンドウにおいてこのモードを有効にします。

・ウィンドウタイプに関する詳細は、ウィンドウタイプの節を参照してください。ただし“Open form window”テーマの定数のみをOpen form window コマンドで利用可能であることに注意してください。

オプションの引数 hPos を使用して、ウィンドウの横位置を指定できます。特定の位置をピクセル単位で指定するか (Open window コマンド参照)、“Open form window”テーマの以下の定義済み定数を渡します:

定数
Horizontally Centered倍長整数65536
On the Left倍長整数131072
On the Right倍長整数196608

オプションの引数 vPos を使用して、ウィンドウの縦位置を指定できます。特定の位置をピクセル単位で指定するか (Open window コマンド参照)、“Open form window”テーマの以下の定義済み定数を渡します:

定数
Vertically Centered倍長整数262144
At the Top倍長整数327680
At the Bottom倍長整数393216

これらの引数はツールバーとメニューバーの表示状態、およびWindowsではアプリケーションウィンドウ現在のサイズを考慮します。

オプションの引数 * を渡すと、閉じられるときにその時点での位置とサイズが記憶されます。ウィンドウが再度開かれると、以前の位置とサイズが再現されます。この場合、vPoshPos 引数はウィンドウが最初に開かれるときにのみ使用されます。

例題

1. 以下のコードはクローズボックス付きの標準のウィンドウを開き、自動で"Input"フォームのサイズに調整します。フォームはリサイズ可能に設定されているので、ウィンドウはグローとズームボックスを持ちます:

   $winRef := Open form window ([Table1];"Enter")

2. 以下のコードはプロジェクトフォーム"Tools"に基づき、スクリーンの左上の位置にフローティングパレットを開きます。このパレットは閉じられた時の位置を記憶し、再度開かれるときにはその位置が使用されます:

   $winRef := Open form window ("Tools"; Palette form window; On the Left; At the Top;*)

参照

GET FORM PROPERTIES, Open window, ウィンドウタイプ.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次