READ PICTURE FILE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


READ PICTURE FILE (fileName; picture{; *})

引数説明
fileName文字列読み込むファイルのフルパス名,
または空の文字列
pictureピクチャピクチャを受け取るフィールドまたは変数
**指定時 = すべてのファイルタイプを受け入れる

説明

READ PICTURE FILE コマンドを使用してディスクファイルfileNameに保存されたピクチャを開き、これをpicture引数に指定した4Dフィールドまたは変数へロードすることができます。

fileNameには読み込むファイルのフルパス名またはファイル名のみを渡すことができます。ファイル名のみを渡した場合、そのファイルはデータベースストラクチャと同階層になければなりません。Windowsではファイル拡張子が必要です。

空の文字列 ("") がfileNameに渡されると、標準のファイルを開くダイアログボックスが表示され、ユーザは読み込むファイルやフォーマットを指定できます。

PICTURE CODEC LIST コマンドを使用して、利用可能なフォーマットを取得できます。

pictureには、読み込んだピクチャを受け取るピクチャ変数またはフィールドを渡します。

Note: 内部的なピクチャフォーマットは4D変数やフィールドに格納されます。QuickTimeを使用したカスタムフォーマットの場合、ピクチャを4Dに読み込むにはQuickTimeが必要です。

オプションの * 引数を渡すと、コマンドはすべてのタイプのファイルを受け入れます。この方法では、適切なcodecなしでもピクチャを扱うことができます (BLOB TO PICTURE コマンドの説明を参照してください)。

参照

BLOB TO PICTURE, PICTURE CODEC LIST, PICTURE TYPE LIST, WRITE PICTURE FILE, ピクチャ.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されると、システム変数Documentに開かれたファイルのフルパスが、OKシステム変数には1が設定されます。そうでなければOKに0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次