CREATE THUMBNAIL

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


CREATE THUMBNAIL (source; dest{; width{; height{; mode{; depth}}}})

引数説明
sourceピクチャサムネイルに変換する4Dピクチャフィールド
または変数
destピクチャ結果のサムネイル
width整数サムネイル幅 (ピクセル), デフォルト値 = 48
height整数サムネイル高 (ピクセル), デフォルト値 = 48
mode整数サムネイル作成モード
デフォルト値 = Scaled to fit prop centered (6)
depth整数廃止。使用しないでください

説明

CREATE THUMBNAIL コマンドは、指定した元のピクチャのサムネールを返します。通常、サムネールはマルチメディアソフトウェアやWebサイトにおいてピクチャプレビューのために使用されます。

Note: このコマンドはQuickTimeのインストールを必要としません。

source引数にはサムネールに縮小するピクチャが入った4Dの変数またはフィールドを渡します。dest引数には結果のサムネイルを受け取る4Dのピクチャフィールドまたはピクチャ変数を渡します。

オプションの引数widthおよびheightを使用し、必要とするサムネールのサイズ(ピクセル単位)を指定できます。この2つの引数を省略すると、サムネールのデフォルトサイズは48 x 48ピクセルになります。

オプションの引数modeには、サムネールの作成モード、例えば縮小モードを指定できます。3種類のモードが使用できます。以下の定義済み定数が、定数テーマ“Picture Display Formats” として4Dより提供されています:

定数
Scaled to fit倍長整数2
Scaled to fit proportional倍長整数5
Scaled to fit prop centered倍長整数6 (デフォルト)

Note: CREATE THUMBNAILではこれら3つの定数のみが使用できます。このテーマの他の定数はこのコマンドに適用できません。

kの引数を指定しない場合、“Scaled to fit prop centered” モード (6) がデフォルトで適用されます。モードごとの結果を以下に示します:

ソースピクチャ

結果のサムネイル (48x48)

・Scaled to fit = 2

・Scaled to fit proportional = 5

・Scaled to fit prop centered = 6 (デフォルトモード)

Note: “Scaled to fit proportional” および “Scaled to fit prop centered”を使用すると、空いたスペースが白く表示されます。しかし、これらのモードが4Dフォームのピクチャフィールドまたはピクチャ変数に適用されると、この空きスペースは透明になります。

4Dのバージョン11より、depth 引数は無視され、省略されなければなりません。コマンドは常に現在のスクリーン深度 (色数) を使用します。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次