BLOB TO PICTURE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


BLOB TO PICTURE (pictureBlob; picture{; codec})

引数説明
pictureBlobBLOBピクチャを格納したBLOB
pictureピクチャBLOBから取り出したピクチャ
codec文字列ピクチャcodec ID

説明

BLOB TO PICTURE コマンドは、元のフォーマットに関わらず、BLOBに格納されたピクチャを4Dのピクチャ変数やフィールドに挿入します。

このコマンドはREAD PICTURE FILEコマンドと同様ですが、ファイルではなくBLOBに対して適用されます。このコマンドを使用すると、ネイティブのフォーマットでBLOBに保存されているピクチャを表示することができます。ピクチャのBLOBへのロードは、例えばDOCUMENT TO BLOBあるいはPICTURE TO BLOBコマンドを使用して行うことができます。

pictureBlob引数には、ピクチャを納めたBLOBタイプの変数やフィールドを渡します。このピクチャのフォーマットは4Dがネイティブに、またはQuickTimeでサポートされるものであればいずれの形式でも構いません。PICTURE CODEC LISTコマンドを使用すると、使用可能なフォーマットのリストを取得できます。オプションのcodec 引数を渡すと、4Dはこの引数で指定された値を使用してBLOBをデコードします (この3番目の引数を使用した特別な機能については後述の説明を参照)。

picture 引数にはピクチャを表示する4Dピクチャフィールドまたは変数を渡します。

Note: 内部的なピクチャフォーマットは4Dの変数やフィールドに格納されます。QuickTimeを使用したカスタムフォーマットの場合、4D内で後ほどピクチャを読みだすためにはQuickTimeが必要です。

コマンドが実行され、BLOBが正しくデコードされると、picture 引数には表示するピクチャが返されます。

オプションのcodec 引数を使用して、BLOBのデコード方法を指定できます。

codecに4Dが認識する (PICTURE CODEC LIST コマンドから返される) codecを渡すと、それはBLOBとピクチャフィールドや変数に返されるピクチャに適用されます。

codecに4Dが認識できないcodecを渡すと、新しいcodecが動的に引数に渡したIDで記録されます。そして4DはBLOBをカプセル化したピクチャを返し、OK変数に1を設定します。この場合BLOBを取り出すには、同じカスタムIDを使用してPICTURE TO BLOB コマンドを使用します。この特別なメカニズムは以下のような2つの特定のニーズで使用できます:

・ピクチャでないBLOBをカプセル化してピクチャに格納する

・codecを使用せずにピクチャをロードする

これらのメカニズムの実装は特に、ピクチャ配列を使用したBLOB配列の作成を可能にします。配列は全体がメモリにロードされるため、このメカニズムは注意して使用されなければなりません。大きなサイズのBLOBで作業を行うと、アプリケーションの動作に影響を与えることがあります。

Note: VARIABLE TO BLOB コマンドで作成されたBLOBは自動で管理されます。BLOBは署名されるため、カプセル化するためにcodecを渡す必要はありません。この場合、反対の操作にはcodec IDとして".4DVarBlob"をPICTURE TO BLOB コマンドに渡します。

参照

PICTURE CODEC LIST, PICTURE TO BLOB, PICTURE TYPE LIST, READ PICTURE FILE.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されると、システム変数OKに1が設定されます。QuickTimeがインストールされていない、BLOBに読み込み可能なピクチャが含まれていない、codecが認識されたがBLOBが検証されないなどで変換に失敗した場合、OKは0に設定され、4Dピクチャ変数やフィールドは空となります


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次