GET WEB FORM VARIABLES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


GET WEB FORM VARIABLES (nameArray; valueArray)

引数説明
nameArrayテキスト配列Webフォームの変数の名前
valueArrayテキスト配列Webフォームの変数の値

説明

GET WEB FORM VARIABLES コマンドは、サブミットされたWebフォームにある変数の名前と値をテキスト配列 nameArrayvalueArray に代入します。

このコマンドはHTMLページ、テキストエリア、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、ポップアップメニュー、選択リストにあるすべての変数の値を取得します。

Note: チェックボックスに関しては、チェックボックスが実際にチェックされた場合に限り、その変数の名前と値が返されます。

URLのタイプやWebサーバに送られたフォーム (POSTまたはGETメソッド) に関係なく、このコマンドは非コンテキストモードまたはコンテキストモードで有効です。

On Web Connection データベースメソッド や、フォームをサブミットすることによって呼び出される他の4Dメソッドにおいて、必要に応じこのコマンドが呼び出されます。

Webフォームと関連するアクションについて

各フォームには、名前が付けられたデータを入力するエリアがあります (テキストエリア、ボタン、チェックボックス) 。

フォームがサブミットされると (リクエストがWebサーバへ送られます) 、リクエストはデータ入力エリアのリストとそれに関連する値を格納します。

2つのメソッドでフォームをサブミットできます (両方とも4Dで使用できます) 。

・POST: 通常Webサーバやデータベースにデータを追加する際に使用します。

・GET: 通常Webサーバやデータベースから抽出されたデータをリクエストする際に使用します。

例題

フォームには、値 "ROBERT" と "DALLAS" を持つ vNameフィールドとvCityフィールドがそれぞれあります。そのフォームに関連するアクションは、"/4DACTION/WEBFORM" です。

・フォームメソッドがPOST (頻繁に使用されます) である場合、入力されたデータはURL上で表示されません。

・フォームメソッドがGETである場合、入力されたデータはURLで表示されます。 (http://127.0.0.1/4DACTION/WEBFORM?vNAME=ROBERT&vCITY=DALLAS).

WEBFORMメソッド以下のように記述します。

   ARRAY TEXT($anames;0)
   ARRAY TEXT($avalues;0)
   GET WEB FORM VARIABLES($anames;$avalues)

結果は以下のようになります。

   $anames{1} = "vNAME"
   $anames{2} = "vCITY"
   $avalues{1} = "ROBERT"
   $avalues{2} = "DALLAS"

変数vNAMEは、ROBERTを格納し、変数vCITYは、DALLASを格納します。.

参照

4DオブジェクトをHTMLオブジェクトにバインドする, URLとフォームアクション.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次