GET RELATION PROPERTIES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.7


GET RELATION PROPERTIES (fieldPtr|tableNum{; fieldNum}; oneTable; oneField{; choiceField{; autoOne{; autoMany}}})

引数説明
fieldPtr|tableNumポインタ|倍長整数フィールドポインタ、またはテーブル番号
fieldNum倍長整数第一引数がテーブル番号の場合、
フィールド番号
oneTable倍長整数1テーブルのテーブル番号、または
リレーションが未定義の場合は0(ゼロ)
oneField倍長整数1フィールド番号、または
リレーションが未定義の場合は0(ゼロ)
choiceField倍長整数選択フィールド番号、または選択フィールドが未定義の場合は0(ゼロ)
autoOneブールTrue = 自動1対1リレート
False = 1対1マニュアルリレート
autoManyブールTrue = 自動1対nリレート
False = 1対nマニュアルリレート

説明

GET RELATION PROPERTIESコマンドは、tableNumおよびfieldNum、またはfieldPtrで指定した元のフィールドを起点とするリレート(存在する場合)のプロパティを返します。

次のいずれかの引数を指定することができます。

tableNumおよびfieldNumに対し、テーブルとフィールドを指定

fieldPtrにフィールドのポインタを指定

このコマンドが実行されると

・引数oneTableおよびoneFieldにはそれぞれ、起点フィールドからのリレートが指し示すテーブル番号およびフィールド番号が納められます。このフィールドを起点とするリレートが存在しない場合、これらの引数には0が返されます。

・引数choicefieldには、このリレートで定義されたターゲットテーブルのワイルドカード選択フィールド番号が納められます。このリレートに対しワイルドカード選択フィールドが設定されていない場合、または起点フィールドからのリレートがない場合、この引数には0が返されます。

・引数autoOneおよびautoManyにはそれぞれ、このリレートに対し「自動1対1リレート」および「自動1対nリレート」チェックボックスがチェックされている場合にTrueが、そうでない場合にはFalseが返されます。

Note: 引数autoOneおよびautoManyは、起点フィールドから始まるリレートが存在しない場合にもTrueを返します。(この場合、返す値には意味がありません)。2つの引数oneTableおよびoneFieldの値により、リレートが存在するかどうかを確認できます。

参照

GET FIELD ENTRY PROPERTIES, GET FIELD PROPERTIES, GET TABLE PROPERTIES, SET AUTOMATIC RELATIONS, SET FIELD RELATION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次