GET TABLE PROPERTIES

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2 (Modified)


GET TABLE PROPERTIES (tablePtr| tableNum; invisible{; trigSaveNew{; trigSaveRec{; trigDelRec{; trigLoadRec}}}})

引数説明
tablePtr| tableNumポインタ|倍長整数テーブルポインタ、またはテーブル番号
invisibleブールTrue = 非表示、False = 表示
trigSaveNewブールTrue = トリガ“新規レコード保存時”が有効、
False = それ以外
trigSaveRecブールTrue = トリガ“既存レコード保存時”が有効、
False = それ以外
trigDelRecブールTrue = トリガ“レコード削除時”が有効、
False = それ以外
trigLoadRecブール***使用しない (廃止) ***

説明

GET TABLE PROPERTIESコマンドは、tablePtrまたはtableNumで渡したテーブルのプロパティを返します。最初の引数としてテーブル番号またはテーブルへのポインタを渡すことができます。

このコマンドが実行されると

・このテーブルに対し非表示属性が設定されている場合、引数invisibleにTrueが返され、そうでない場合Falseが返されます。非表示属性を指定することにより、4D標準のエディタ(ラベル、チャート等)の使用時にテーブルを隠すことができます。

・このテーブルに対し新規レコード保存時トリガが設定されている場合、引数trigSaveNewにTrueが返され、そうでない場合Falseが返されます。

・このテーブルに対し既存レコード保存時トリガが設定されている場合、引数trigSaveRecにTrueが返され、そうでない場合Falseが返されます。

・このテーブルに対しレコード削除時トリガが設定されている場合、引数trigDelRecにTrueが返され、そうでない場合Falseが返されます。

参照

GET FIELD ENTRY PROPERTIES, GET FIELD PROPERTIES, GET RELATION PROPERTIES.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次