RESOLVE ALIAS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


RESOLVE ALIAS (aliasPath; targetPath)

引数説明
aliasPath文字列エイリアス/ショートカットのアクセスパスまたは名前
targetPath文字列エイリアス/ショートカットターゲットのアクセスパスまたは名前

説明

RESOLVE ALIASコマンドは、目的のファイルまたはエイリアス(Windowsではショートカットと呼ばれる) のフォルダへの完全なパスを返します。

エイリアスへの完全なパスをaliasPathに渡します。

このコマンドが実行されると、targetPath変数にはエイリアスのターゲットファイルまたはフォルダへの完全なパスが格納され、OKシステム変数に1が代入されます。

aliasPathに渡されたパスがエイリアスではなくファイルである場合、targetPathはそのファイルのパスを返し、OKシステム変数に0が代入されます。

参照

CREATE ALIAS.

システム変数またはセット

aliasPathがエイリアス/ショートカットを指定する場合、OKシステム変数に1が代入されます。aliasPathが標準的なファイルを指定する場合、OKシステム変数に0が代入されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次